ÿÿÿÿ
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

ルーワイ胃バイパス術で減量体重と2型糖尿病寛解を長期に維持――米研究

重度肥満患者がルーワイ胃バイパス術(RYGB)を受けると、減量体重と2型糖尿病の寛解を長期にわたり維持できる可能性があるとの研究結果が「New England Journal of Medicine」9月21日号に掲載された。

米Intermountain Live Well Center Salt LakeのTed D. Adams氏らは、重度肥満患者1,156人を(1)RYGB施行群(418人)と(2)検討したが手術を行わなかった群(417人)、(3)手術を検討しなかった群(321人)の3群に分けて12年間追跡。その結果、12年後の体重の平均変化はRYGB群-35.0kgに対し(2)群が-2.9 kg、(3)群が0 kg。RYGB群の2型糖尿病寛解率は12年後も51%であった。(HealthDay News 2017年9月20日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES