image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

一酸化炭素中毒を防ぐ

一酸化炭素(CO)は「サイレントキラー」とも呼ばれる無味無臭の有毒ガスです。米国では、年間400人を超える人が不慮の一酸化炭素中毒で死亡しており、COを吸ってしまったことが原因で救急外来を受診する人は5万人にもなります。

このような事故を防止するため、以下の注意事項をしっかり守りましょう。

・車庫で車のエンジンをかけたままにしてはいけません。
・ガソリンエンジン式の発電機や高圧洗浄機などは通気口のない密閉された空間で使用してはいけません。
・ガソリンエンジンは、排気ガスが室内に放出されることがないよう、開いた窓やドアから6メートル以上離れて使用しましょう。
・家屋やテント、キャンピングカーの中で木炭グリル、バーベキューコンロ、ランタン、カセットコンロなどを使用してはいけません。
・一酸化炭素を吸ってしまったと考えられる場合には、すぐに医療機関を受診しましょう。

情報元:米国疾病管理予防センター(CDC)(HealthDay News 2017年9月21日)

https://consumer.healthday.com/public-health-information-30/poisons-health-news-537/health-tip-prevent-carbon-monoxide-poisoning-726346.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES