4.1.1
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

診療ガイドラインを遵守せず第2選択薬からの処方例が多い――米研究

米国では診療ガイドラインの推奨にもかかわらず、第1選択薬(メトホルミン)を使用せずに第2選択薬から処方するケースが多いことが、「Diabetes Care」9月15日電子版に掲載の論文で報告された。

米ボストン小児病院のYi-Ju Tseng氏らは、2010~2015年に医療保険大手の米エトナ社に保険請求があった糖尿病患者5万2,544人のデータを分析。その結果、第2選択薬が処方された患者2万2,956人のうち、過去60日以内にメトホルミンが処方された患者の割合は8.2%に過ぎず、28.0%は同薬の保険請求履歴がないことが分かった。メトホルミンの処方率は全体の49.5%に過ぎなかった。(HealthDay News 2017年9月22日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES