image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

太っても食欲が止まらない・・・原因酵素を同定――基礎生物学研

太っても食欲が止まらない原因となる酵素を突き止めたと、基礎生物学研究所(愛知県)統合神経生物学研究部門の野田昌晴氏らの研究グループが発表した。食欲は脂肪細胞から分泌されるホルモン(レプチン)が制御しているが、肥満になると脳の摂食中枢で「RPTPJ」と呼ばれる酵素の発現量が増え、レプチンの作用を弱めていることがマウスを用いた実験で分かった。今後、糖尿病や肥満の新しい治療標的となる可能性があるという。「Scientific Reports」9月14日電子版に掲載の論文。

研究グループは、2015年にRPTP(受容体様タンパク質チロシン脱リン酸化酵素)群のうちRPTPJがインスリン受容体を脱リン酸化し、その働きを抑えることを見出していた。(HealthDay News 2017年10月2日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES