4.1.1
image_print
医療・健康ニュース/今日のニュース/

産後に胎盤を食べる「胎盤食」、メリットなく感染リスクも

産後うつの予防や母乳の分泌を促進させる効果などへの期待から、出産直後に自分の胎盤を食べる「胎盤食(placentophagy)」が一部の女性の間で流行している。しかし、米ワイル・コーネル・メディスン産婦人科のAmos Grünebaum氏らが胎盤食に関する文献レビューを行ったところ、こうした行為による健康上のメリットはなく、むしろ感染症などのリスクを伴うことが明らかになった。このことから同氏らは「胎盤食に興味を示す妊産婦に対し、産婦人科医は真実を伝えるべきだ」と呼び掛けている。詳細は「American Journal of Obstetrics and Gynecology」8月28日オンライン版に掲載された。

Grünebaum氏によると近年、分娩後に胎盤を食べるため持ち帰ることを希望する女性が増えており、同氏の元にはその対応について産科医からの問い合わせが寄せられることが少なくないという。胎盤食には産後うつの予防や全般的な気分および活力の向上のほか、母乳の分泌促進や産後の出血抑制といった効果があると一部で考えられていることが背景にある。

ヒトの胎盤食に関する記述は約100年前の文献にみられるが、最近は一部の有名人が胎盤食を支持していることを明らかにし、それがきっかけで一般女性の間でも関心が高まっている。ただ、哺乳類の多くは産後に胎盤を食べることが知られているが、ヒトの胎盤は通常、分娩後に廃棄されてきた。

食べ方は生食あるいは加熱調理のほか、乾燥させて食べたり、カプセルやスムージーで摂取したりする。このうち最も多いのはカプセルでの摂取と考えられており、米国では既に多くの企業が200~400ドルの費用で胎盤を食用に加工するサービスを提供している。

しかし今回、Grünebaum氏らが胎盤食に関する文献のレビューを行った結果、胎盤食の提唱者が主張するような健康上のメリットがあるとのエビデンスはなかったという。一方で、今年6月には米疾病対策センター(CDC)から汚染された胎盤カプセルを摂取した母親の子どもがB型連鎖球菌に起因した敗血症を発症したとの報告があったとして、「胎盤の加熱処理が不十分だとHIVやジカウイルス、肝炎などのウイルスを十分に死滅させられない可能性がある」と指摘。「胎盤を食べるかどうかの決断は、願望的思考ではなく科学的情報に基づくべきであり、医師は患者に正しい情報を伝えるべきだ」と強調している。

米クリスティアナケア・ヘルスシステム産婦人科のMatthew Hoffman氏は、今回のGrünebaum氏らの報告について「タイムリーかつ有用な情報だ」と評価。最近、Hoffman氏の施設でも胎盤食を希望する女性が増えてきていたことから、現在その対応に関する施設方針について議論されており、「方針の決定にはGrünebaum氏らの報告が少なからず影響するだろう」としている。

なお、最近の調査では産科医の約54%が胎盤食について情報が不十分だと感じており、60%が胎盤食に賛同すべきかどうか分からないと回答しているという。Hoffman氏は「胎盤食には明確なリスクがあり、宣伝されているメリットに科学的根拠はないことを患者に伝え、患者にとって最善の意思決定を促す上で、今回のGrünebaum氏らによる研究は大いに役立つ」と話している。(HealthDay News 2017年9月29日)

https://consumer.healthday.com/sexual-health-information-32/childbirth-health-news-126/study-questions-practice-of-placenta-eating-by-new-moms-726273.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES