Tummy Last Hope after Lunch
image_print
医療・健康ニュース/ハイライト/

血流感染リスクを高める3つの因子

ウイルスや細菌などの血流感染が原因で臓器障害の状態となる敗血症は、死亡リスクが20%を超える重篤な疾患として知られている。先ごろノルウェーで実施された研究では、こうした重篤な疾患をもたらす血流感染リスクを高める3つの因子が明らかになった。

この研究を実施したのは、ノルウェー科学技術大学(NTNU)などノルウェー中部の複数の施設を中心とした敗血症の共同研究グループ。同グループは今回、同国の健康診断受診者を追跡した前向きコホート研究であるHUNT研究の参加者6万4,027人のデータを分析した。

このうち1,844人(2.9%)が中央値で14.8年間の追跡期間中に1回以上の血流感染を経験していたが、解析の結果、「肥満」が血流感染の最大のリスク因子であることが示された。例えば、適正体重の人と比べてBMI(体格指数)が30.0~34.9の人では31%、35.0~39.9の人では87%、40.0以上の人では210%の血流感染リスクの上昇が認められた。

このほか、「喫煙」および「運動不足」も血流感染リスクを高めることが示された。さらに、肥満に加えてこれら2つのリスク因子もある人では、これらのリスク因子がない人と比べて血流感染リスクが約5倍に上ることも分かった。なお、これら3つの因子は死亡リスクを高めることも明らかになったという。

敗血症による死亡者数は世界で600万人とも推定されている。この研究結果は因果関係を示すものではないが、研究を実施したNTNUのJulie Paulsen氏は「われわれの研究では、肥満が敗血症の重要なリスク因子であることが示された」と話し、「生活習慣に関連したリスク因子に対応することで、重篤な感染症のリスクを低減できる可能性がある」との見方を示している。

なお、この研究の詳細は「International Journal of Epidemiology」6月15日オンライン版に掲載された。(HealthDay News 2017年10月11日)

https://consumer.healthday.com/circulatory-system-information-7/blood-disorder-news-68/3-factors-that-could-raise-your-risk-of-bloodstream-infection-727213.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES