image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

血管性認知症について知ろう

血管性認知症は、アルツハイマー病に次いでよくみられる認知症です。脳卒中の後に生じるものが典型的ですが、その他の原因でも起こることがあります。

血管性認知症には主に以下の3種類があります。

・多発梗塞性認知症 — 小さな脳卒中を繰り返し、脳細胞が損傷されることにより生じます。
・皮質下梗塞および白質病変を伴う遺伝性血管性認知症(CADASIL) — 遺伝性の疾患で、血管の壁が肥厚し、最終的に脳への血流が妨げられることにより生じます。
・皮質下血管性認知症(Binswanger病など) — まれな型の疾患で、白質を構成する小血管および神経線維が広範囲に損傷されます。白質は脳の各部位のメッセージを中継する役割を担うと考えられています。

情報元:米国立老化研究所(NIA)(HealthDay News 2017年10月12日)

https://consumer.healthday.com/cardiovascular-health-information-20/heart-stroke-related-stroke-353/health-tip-identifying-vascular-dementia-726990.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES