o-171013
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

糖尿病前症の段階ではACS患者の心血管イベントリスクは増加しない――米研究

急性冠症候群(ACS)患者は糖尿病の合併で主要有害心イベント(MACE)リスクが増加するが、糖尿病前症との関連はみられないとする研究結果が「Journal of the American College of Cardiology」10月18日オンライン版に掲載された。

米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のSerdar Farhan氏らは、PCI施行後のACS患者547人を正常血糖(NGM)群と糖尿病前症群、糖尿病群に分けて冠動脈プラーク特性や心血管転帰を比較。その結果、IVUSによる不安定プラーク所見に有意な群間差はみられなかった。また、糖尿病群では糖尿病前症群やNGM群と比べてMACEの発生率が高かった。(HealthDay News 2017年10月19日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES