image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

冠動脈プラークの脆弱性と強く関連する血糖変動指標とは? ――神戸大の研究グループ

血糖値の変動性は冠動脈疾患(CAD)の発症や進展に影響を及ぼし、血糖変動指標の中でも血糖値の標準偏差(SD)と平均血糖変動幅(MAGE)の増大は冠動脈プラークの脆弱性の予測因子として優れる可能性のあることが、神戸大学大学院糖尿病・内分泌内科学准教授の坂口一彦氏らの検討で分かった。「Journal of Diabetes Investigation」9月16日オンライン版に掲載の論文。

同氏らは、2012年6月~2014年5月にPCI施行のため入院したCAD患者53人を対象にCGMデータから求めた血糖変動係数(血糖値のSD、MAGE、CONGA-1、MODD)とvirtual histology-IVUSで評価した冠動脈プラークの脆弱性の指標(%NC)との関連を調べた。(HealthDay News 2017年10月23日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES