Kidneys
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

ビタミンD補充で慢性腎臓病患者の骨代謝マーカーが改善――インドの研究

慢性腎臓病(CKD)患者はビタミンD補充により骨代謝マーカーが改善するとの研究結果が「Journal of Bone and Mineral Research」10月17日オンライン版に掲載された。

Postgraduate Institute of Medical Education and Research(インド)のAshok Kumar Yadav氏らは、コレカルシフェロール補充の血管機能への影響を検討したプラセボ対照RCTに参加した血清ビタミンD濃度が20ng/mL以下で糖尿病がないステージG3~4のCKD患者(補充群58人、プラセボ群59人が試験完了)を対象に二次解析を実施。その結果、補充群では治療開始から16週後に血清25(OH)D値および1,25(OH)2D値が有意に増加し、iPTH、血清SAP、BAP、CTX-1が有意に減少した。(HealthDay News 2017年10月25日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES