image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

健康長寿を目指し「健康づくり運動ポイント制度」を開始――和歌山県

和歌山県は10月1日、県民に健康長寿への3原則-(1)運動、(2)社会参加、(3)食事内容の改善の実践を促すため「健康づくり運動ポイント制度」を開始した。

個人やグループ、自治体で参加でき、個人には30分以上の運動や1日8,000歩以上歩くとそれぞれ1ポイント、1カ月で10万歩以上歩くと5ポイントのボーナスが、自治会にはラジオ体操などのイベント参加人数の2倍のポイントが付与される。地域コミュニティに密着した健康づくりを進め、運動習慣を楽しくつけることで生涯にわたって健康を維持するのが狙い。同県は要介護認定率が全国ワースト1位で、メタボ該当者が多く、全国的にも県民の運動量や野菜の摂取量が少ないといった課題を抱えている。(HealthDay News 2017年10月31日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES