2HDN糖尿病ニュース11月16日配信2
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病/

肥満患者で膝関節脱臼、血管損傷リスクが上昇

成人の約4割が肥満と推定される米国では、肥満の増加とともに膝関節脱臼も増えており、医療費の増大や下肢切断などを要する血管損傷リスクも高まっていることが新しい研究で示された。詳細は「Journal of Orthopaedic Trauma」10月23日オンライン版に掲載された。

研究を主導した米ブラウン大学ウォーレン・アルパート医学校のJoey Johnson氏は「肥満患者の増加とともに膝関節脱臼の手術件数も増えており、医療コストを押し上げる原因にもなっている。米国の肥満患者は増加し続けており、この問題はますます複雑化するだろう」と指摘している。なお、膝関節脱臼は複数の靱帯損傷を伴う重症なケースもあり、主に交通事故やアメリカンフットボールのような対戦相手と接触するコンタクトスポーツで生じるとされる。

この研究は、全米をカバーする入院患者データベースから2000~2012年に発生した1万9,087件の膝関節脱臼を対象に、肥満と膝関節脱臼および血管合併症との関連を後ろ向きに調べたもの。なお、解析対象とした患者のうち11.9%(2,265人)が過体重または肥満であった。

解析の結果、肥満または重度の肥満と診断された患者における膝関節脱臼の年間発生率は、2000年の8%から2012年には19%へと増加していた。また、膝関節脱臼を伴う肥満患者では、適正体重の人よりも入院期間が長く、入院コストも増大していることが分かった。

さらに、膝関節脱臼に伴って膝の後方にある重要な血管を損傷する確率は、適正体重の人では5.63%だったのに対し、肥満患者では7.2%、重度の肥満患者では11.3%と2倍近くに上昇することが分かった。なお、こうした重度の合併症は「血管損傷」と呼ばれ、治療せずに放置すると下肢切断につながる恐れがあるという。

また、血管損傷を伴う患者の入院期間は平均15日で、血管損傷を伴わない患者よりも約1週間も長いほか、入院費用は血管損傷がない患者の6万ドル(約680万円)と比べて血管損傷がある患者では13万1,000ドル(約1480万円)に上るとの報告もある。

これらの結果を踏まえて、論文共著者の一人である同大学のChristopher Born氏は「膝の痛みを訴える肥満患者では、特に膝関節脱臼を伴う場合には血管損傷を見逃さないように注意深く評価する必要がある」と強調し、「膝関節脱臼リスクの低減を目指すには、まずは肥満率を抑えることが先決だ」と述べている。(HealthDay New 2017年11月10日)

https://consumer.healthday.com/bone-and-joint-information-4/knee-problem-news-436/obesity-to-blame-for-epidemic-of-knee-dislocations-complications-728246.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES