Close up of elderly person with walking zimmer

大腿骨近位部骨折の手術を遅らせてはならない理由

大腿骨近位部を骨折した高齢者は、できるだけ早く手術を受ければ重篤な合併症を回避できるかもしれない―。トロント大学(カナダ)のDaniel Pincus氏らが実施した研究から、骨折後24時間以内に手術を受けた患者では、24時間超が経過してから手術を受けた患者と比べて死亡リスクや心筋梗塞などの合併症リスクが低下することが明らかになった。詳細は「Journal of the American Medical Association(JAMA)」11月28日号に掲載された。

大腿骨近位部とは太ももの骨(大腿骨)のうち、足の付け根に近い部分(骨頭、頸部、転子部、転子下)を指す。大腿骨近位部を骨折したら、できるだけ早期に手術することが望ましいとされ、米国とカナダのガイドラインでは骨折後48時間以内の手術が推奨されている。しかし、「実際には推奨時間内に手術を受けている患者はそれほど多くはない」とPincus氏は指摘する。

同氏によると、手術が遅れる理由として考えられるのは(1)すぐに使用できる手術室の空きがない、(2)手術を担当する医師をすぐに確保できない、(3)既に手術を待機している患者がいる―ことなど。また、医学的な理由から手術が遅延される場合もあるが、そうしたケースは極めてまれだという。

さらに、手術までの待機時間がどの程度までなら許容範囲なのかについて一貫したエビデンスがないことも、早期の手術が広がっていない背景にあった。そこでPincus氏らは今回、2009年4月~2014年3月にオンタリオ州の72施設で大腿骨近位部骨折の手術を受けた患者4万2,230人(平均年齢80.1歳、女性70.5%)のデータを解析した。

その結果、30日後までの死亡率は、骨折後24時間以内に手術を受けた患者の5.8%に対して24時間超が経過してから手術を受けた患者では6.5%と有意に高かった(P<0.006)。また、心筋梗塞や深部静脈血栓症、肺塞栓症、肺炎などの合併症リスクも24時間以内に手術を受けた患者に比べて24時間超が経過してから手術を受けた患者で高かった。

Pincus氏は「骨折後24時間が経過するとリスクは明らかに上昇し始める」と指摘。「今回の研究から、24時間が安全な手術が可能な期間(safe window)であることが示された」と話している。

付随論評の著者の一人である米シーダーズ・サイナイ医療センターのHarry Sax氏は「高齢者は複数の疾患を抱えている場合が多く、数日間をかけて大腿骨近位部骨折の手術に耐えられるか否かを確認するための検査を行うこともある」とする一方で、「ベッドに寝たきりでいる時間が長くなるほど肺炎や血栓のリスクは高まる。骨折した状態が続くと脂肪が漏れ出て肺まで飛び散る場合もある。手術を遅らせることで状況が良くなることはなく、むしろ悪化する」と説明している。

その上で、同氏は「もし高齢の親族が大腿骨近位部を骨折したら、検査は必要最低限に抑え、できるだけ早く手術をしてほしいと医療チームに頼むべきだ」と助言。また、「高齢の大腿骨近位部骨折患者の管理に特化した外科医、老年病専門医、麻酔科医などのチームによる治療プログラムがある病院で治療を受けるのが最善だ」としている。(HealthDay News 2017年11月28日)

https://consumer.healthday.com/bone-and-joint-information-4/fracture-health-news-322/don-t-delay-hip-fracture-surgery-here-s-why-728840.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.