飼い犬に与えない方がよい「おやつ」

飼い犬に与えたおやつやごほうびが、思わぬけがや病気の原因となってしまうことがあります。

ペットが不適切なものを口にすると、胃や腸の閉塞、窒息、口のけが、嘔吐、下痢、内出血などが生じ、最悪の場合は死に至ることもあるといいます。

以下の点に注意して、飼い犬の安全を守りましょう。

・料理に含まれる骨の中には折れやすく、割れると鋭利な破片が生じるものがあります(特に鶏骨)。そのため、調理中や家族の食事中は、ペットが料理を口にしないよう気を付けましょう。
・ごみの処理にも十分に注意しましょう。犬はごみの中から食べ物を探すのがとても上手です。
・飼い犬に適した安全なおやつについて、獣医に相談しましょう。

情報元:米食品医薬品局(FDA)(HealthDay News 2017年12月15日)

https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/pets-and-health-news-531/health-tip-give-your-dog-safe-treats-728959.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.