image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

肝臓の糖取り込み機能をコントロールする分子を特定――金沢大

金沢大学新学術創成研究機構革新的統合バイオ研究コア栄養・代謝研究ユニット教授の井上啓氏らの研究グループは、肝臓の糖取り込みに関与する分子「Sirt2」を世界で初めて特定し、肥満や2型糖尿病で肝臓での糖取り込み障害が起こる機序を解明したと「Nature Communications」1月2日オンライン版に発表した。

研究グループは、肥満マウスモデルでは肝臓のサーチュインと呼ばれるタンパク質の一種であるSirt2の機能が低下していることを突き止め、この分子の機能の低下が肝臓での糖取り込み障害とそれに伴う高血糖を引き起こすことなどを見出した。肥満や2型糖尿病の病態解明や新しい糖尿病治療薬の開発につながることが期待されるとしている。(HealthDay News 2018年1月22日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES