image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは生きた微生物(細菌など)のことで、サプリメントとして販売されたり、局所用スキンクリームに配合されたり、ヨーグルトなどの食品に添加されたりしています。

米食品医薬品局(FDA)はこのような商品に健康効果を表示することを認めていませんが、何らかの効果を期待してプロバイオティクスを摂取する人もいるでしょう。プロバイオティクスについて正しい知識を持って利用するようにしましょう。

・プロバイオティクスは、感染症や抗菌薬による下痢の予防に役立つ可能性があります。また、過敏性腸症候群の症状を緩和できる可能性があります。
・一部のプロバイオティクスには研究で有望性が認められていますが、多くの疾患に対する効果を裏付ける十分な科学的根拠はありません。
・プロバイオティクスには一般に副作用はほとんどないことが、複数の研究で明らかにされています。
・プロバイオティクス製品に含まれる微生物の種類はさまざまで、その効果も人によって大きく異なります。

FDAは、プロバイオティクスのサプリメントを利用するときは医師に相談することを推奨しています。

情報元:米国立医学図書館(NLM)(HealthDay News 2018年1月23日)

https://consumer.healthday.com/infectious-disease-information-21/bacteria-960/health-tip-understanding-probiotics-730115.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES