Items for daily monitoring of blood glucose
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

作業療法プログラムで糖尿病患者の血糖値が改善――米研究

マニュアル化された作業療法プログラムを用いた介入により、社会経済的地位が低い若年成人の糖尿病患者のHbA1c値や糖尿病に特異的な健康関連のQOLが改善するとの研究結果が「Diabetes Care」1月19日オンライン版に掲載された。

米南カリフォルニア大学のElizabeth A. Pyatak氏らは、貧困層の若年成人の1型または2型糖尿病の患者計81人を対象に、REAL Diabetesと名付けられた作業療法群と対照群にランダムに割り付けて6カ月間観察した。その結果、作業療法群では対照群と比べてHbA1c値と糖尿病関連QOL、血糖測定の習慣の定着度がいずれも有意に改善した。(HealthDay News 2018年1月25日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES