Glass with cola collection isolated on white
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

ダイエット系清涼飲料水の摂取で糖尿病網膜症リスクが上昇――オーストラリアの研究

ダイエット系の清涼飲料水を週に4缶(375mL/缶)以上摂取すると糖尿病網膜症(DR)のリスクが上昇する可能性を示す研究結果が「Clinical & Experimental Opthalmology」1月23日オンライン版に掲載された。

メルボルン大学(オーストラリア)のEva K. Fenwick氏らは、食物摂取頻度調査に参加した成人糖尿病患者609人のデータを分析した。解析の結果、ダイエット系の清涼飲料水を全く摂取しない場合と比べて、週に4缶以上摂取すると増殖性DRリスクは約2.5倍となった。一方で、通常の清涼飲料水の摂取とDRまたは糖尿病黄斑浮腫(DME)リスクとの間に関連はみられなかった。(HealthDay News 2018年1月30日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES