image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

「におい物質」で血糖値が改善する? ――東北大ら

鼻の嗅覚神経でにおいの感知に必要な嗅覚受容体が膵β細胞にも存在することを、東北大学大学院糖尿病代謝内科学の山田哲也准教授らの研究グループがマウスを用いた研究で突き止めた。嗅覚受容体15(Olfr15)に、におい物質の一つであるオクタン酸を作用させるとインスリンの分泌が促進されることも分かった。さらに、マウスにオクタン酸を経口投与したところ、血糖値が高い条件下でのみインスリンの分泌が促進され、血糖値が改善した。この嗅覚受容体はヒトの膵β細胞にも発現することが確認されており、新しい糖尿病治療の開発につながる可能性があるという。「Scientific Reports」1月24日オンライン版に掲載の論文。(HealthDay News 2018年1月30日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES