Confused Senior Man With Adult Daughter At Home
image_print
医療・健康ニュース/今日のニュース/

アルツハイマー病の新薬開発、失敗続く理由とは?

アルツハイマー病の新薬の開発が相次いで中止され、一部の専門家から研究の方向性を疑問視する声が上がっている。その一方で、これまでのアルツハイマー病研究で見逃していたものが何だったのか、研究者たちによる探求が続けられている。

最近、注目されていた2種類の新薬について、臨床試験が失敗に終わったことが明らかになった。「Journal of the American Medical Association(JAMA)」1月9日号に掲載された論文では、アルツハイマー病患者に対して選択的セロトニン5-HT6受容体拮抗薬であるidalopirdineの有効性が示されなかったとする臨床試験の成績が報告された。

その後、Eli Lily社が開発を目指していた抗アミロイドβ(Aβ)抗体薬のsolanezumabについても、同薬による認知機能の低下の有意な抑制は示されなかったとする臨床試験の結果が「New England Journal of Medicine」1月25日号に掲載された。

Solanezumabは、アルツハイマー病に関係すると考えられている脳のアミロイドβ(Aβ)と呼ばれるタンパク質に結合し、脳に蓄積する前に除去を促す。同薬の臨床試験も含め、これまでのアルツハイマー病の治療や予防を目的とした研究のほとんどが主に患者の脳内に蓄積するAβを標的したものだった。これは、以前からアルツハイマー病の発症や進行にAβが関与していると考えられてきたからだ。

しかし、米メイヨー・クリニックのRonald Petersen氏によると、Aβを標的とした薬剤の臨床試験の多くは、開始時にアルツハイマー病と診断された患者の脳内に実際にAβが沈着しているかどうかを正確に判定する方法がなく、死後に剖検で確認するしかなかった。現在は画像検査(アミロイドPET検査)による測定が可能になったが、アルツハイマー病でも脳内に高レベルのAβの蓄積が認められない患者が約30%いるという。「Aβを標的とした治療薬の臨床試験で対象者の30%に蓄積したAβがないのであれば、その試験は成功するはずがない」とPetersen氏は指摘する。

米ケンタッキー大学准教授のMichael Murphy氏は「Aβの除去がアルツハイマー病を改善するという前提を再考する必要がある」と話し、「遺伝学的根拠からAβがアルツハイマー病に関与していることは確実だ。しかし、発症してからAβを取り除けば患者の状態が良くなるのかどうかは分かっていない」と説明している。

これまでの研究のほとんどがAβを標的としていた背景には、研究資金の問題もあった。米アルツハイマー病協会(AA)のJames Hendrix氏によると、10年前はアルツハイマー病研究に投じられる資金が少なかったため、当時最も有望視されていたAβについて研究せざるを得ない状況にあった。しかし、最近は研究に対する資金が拡充されつつあり、Aβ以外にもタウやニューロンの炎症、脳のエネルギー利用といったさまざまな因子について研究が行われるようになってきたという。なお、同氏は「アルツハイマー病を発症しても、記憶力をある程度維持したまま他の原因で死亡するまで進行を遅らせることができれば、治療の成功といえるだろう」と話している。(HealthDay News 2018年1月25日)

https://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/alzheimer-s-news-20/another-alzheimer-s-drug-fails-what-makes-this-disease-so-tough-to-fight-730479.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES