A doctor makes a vaccination to a child
image_print
医療・健康ニュース/パッケージニュース/

「インフルワクチン、流行の型に対する効果は25%」米で分析結果

米疾病対策センター(CDC)は2月15日、今シーズンに米国で最も多くの患者をもたらしたH3N2型のインフルエンザウイルスに対するワクチンの予防効果は25%にとどまるとの分析結果を明らかにした。米国では例年を大幅に上回る規模でインフルエンザの感染が拡大しているが、その一因としてワクチンの効果の低さが指摘されていた。今回の分析結果はそれを裏付けるものとなった。

発表されたワクチンの効果は今シーズンの中間データに基づき推定されたもの。ワクチンの効果分析に関する報告書は米国での今シーズンのインフルエンザの概況に関する報告書とともに「Morbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)」2月16日号に掲載された。

報告書によると、今シーズンに流行した全ての型のインフルエンザに対するワクチンの効果は36%、今シーズンに大流行しているH3N2型(A型インフルエンザウイルスの亜型の一つ)に対するワクチンの効果は25%と推定された。一方、2009年に大流行し、その後も毎シーズン感染が報告されているH1N1型に対しては67%、B型インフルエンザに対する効果は42%と推定された。6カ月以上8歳未満の小児では、全ての型のインフルエンザウイルスに対するワクチンの効果は59%と推定された。

米国以外にもH3N2型ウイルスに対するワクチンの効果が低かったためにインフルエンザによって大きな打撃を受けている国がある。例えば、オーストラリアではワクチンの効果は10%程度であったと推定されているほか、カナダでもその効果は10~20%だったと報告されている。

今シーズンはワクチンの製造時に予測されたウイルス型と実際に流行したウイルス型との一致率が低かったが、今後はワクチンによる効果が期待できるH3N2型以外のウイルスの感染が広がる可能性があることから、CDCは「ワクチンをまだ接種していない人は、今からでも接種してほしい」と呼び掛けている。

良いニュースもある。CDCは2月16日の記者会見で2月4~10日の一週間にインフルエンザが報告された州は43州で、前週の48州から減少したことを明らかにした。また、米国の医療機関を受診した全患者に占めるインフルエンザ様症状の患者の割合も2月4~10日は7.5%となり、前週の7.7%から減少した。

しかし、依然としてインフルエンザによる入院率は上昇し続けており、2月4~10日の10万人当たりの入院率は67.9人と前週の59.9人から増加した。今シーズンにインフルエンザが原因で死亡した小児は2月10日までに84人となった。(HealthDay News 2018年2月15日、16日)

https://consumer.healthday.com/infectious-disease-information-21/flu-news-314/flu-season-shows-first-signs-of-slowing-731220.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES