o-180211
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

学校主導の生活習慣改善プログラムは生徒の肥満予防に効果なし?――英研究

12カ月にわたる学校主導の生活習慣改善プログラムを実施しても、生徒の肥満予防にはつながらなかったとする研究結果が「The BMJ」2月7日オンライン版に掲載された。

英バーミンガム大学のPeymane Adab氏らは、英国の54校の小学校(5~6歳の生徒1,467人、うち対照群は28校778人)を対象にクラスターランダム化比較試験を行った。介入群には健康的な食事と運動を奨励し、授業中に運動時間を増やすなどのプログラムを12カ月間実施した。その結果、15カ月および30カ月後の平均BMI Zスコアとウエスト周囲長などの身体測定値や食事内容、運動量などに両群間で有意な差はみられなかった。(HealthDay News 2018年2月8日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES