Weight scale, displaying body weight, with bare male feet and whole apple with black coffee in front  on white wooden floor
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

減量手術が肥満合併2型糖尿病患者の転帰を大きく改善――米研究

肥満合併2型糖尿病患者では、生活習慣介入と薬物療法による内科的な集中管理と比べてルーワイ胃バイパス術(RYGB)は減量と血糖コントロール、心血管リスクの低減に有効とする研究結果が「Diabetes Care」2月6日オンライン版に掲載された。

米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のDonald C. Simonson氏らは、肥満合併2型糖尿病患者38人(平均BMI 36.3)を対象にRYGB群と内科的集中管理群(各19人)にランダムに割り付けて3年間観察した。その結果、内科的集中管理群と比べてRYGB群では3年後に体重が大きく減少し、HbA1c値が低下したほか、冠動脈疾患と脳卒中のリスクが低く、肥満関連QOLも改善した。(HealthDay News 2018年2 月14日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES