image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

2型糖尿病患者はゆっくり食べると肥満になりにくい?――九州大

日本人の2型糖尿病患者は、6年間のうちにゆっくり食べるようになると速く食べる人と比べて肥満になりにくい可能性のあることが、九州大学大学院医療経営・管理学講座准教授の福田治久氏らの検討で分かった。就寝前2時間以内の夕食や夕食後の間食といった習慣をやめることも体重の増えすぎを避ける上で重要なことも明らかになった。「BMJ Open」2月12日オンライン版に掲載の論文。

福田氏らは、健康保険組合に加入し2005年1月~2013年6月に2型糖尿病と診断され、保険請求データおよび健診データを入手し得た成人男女5万9,717人を対象に、6年間の食べる速さやその他の生活習慣因子の変化と肥満やBMIとの関連を調べた。(HealthDay News 2018年2月19日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES