Woman's hands hold a cell phone while texting a message.

人付き合いはスマホをしまえばもっと楽しくなる

外出先で誰かと楽しい時間を過ごしたいのなら、スマートフォン(スマホ)を取り出す前にそれが本当に必要か考えてみた方が良い。ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)のグループが実施した研究から、スマホを手元に置いておくだけで、せっかくのレストランの食事のおいしさを感じにくくなり、友人や家族との会話も楽しめなくなってしまう可能性が示されたからだ。

この研究は同大学心理学のElizabeth Dunn氏らが実施したもの。研究結果は「Journal of Experimental Social Psychology」2017年11月6日オンライン版に掲載された他、米国のパーソナリティ・社会心理学会(SPSP 2018、3月1~3日、アトランタ)でも発表された。

Dunn氏らはこの研究で、2種類の調査を実施した。一つ目の調査では300人以上の地域住民や学生にレストランで友人または家族と食事を取ってもらい、テーブルに携帯電話を置いたまま食事を取る群と、携帯電話はしまって食事を取る群にランダムに割り付けた。その結果、携帯電話を置いたままだった群では、しまっていた群と比べて食事を楽しめなかった人が多かった。また、携帯電話を置いたままだった群では「気が散った」と回答した人が多く、楽しかったどうかを評価するスケールのスコア(7点満点)は携帯電話をしまっていた群と比べて0.5点低かった。

二つ目の調査は、100人超を対象に経験サンプリング法によって実施した。この調査では、対象者の携帯電話に1日に5回、1週間にわたってメールで送り、過去15分間の状況や心理状態(7点満点で評価)について報告を求めた。その結果、誰かと対面で交流しているときにメールなどで携帯電話を使用していた人では、そうした交流を楽しめていないことが明らかになった。

Dunn氏は「スマホが公衆衛生に影響を及ぼすことを示した研究は増えているが、今回の研究もその一つといえる」と説明。また、共同研究者の一人で論文の筆頭著者でもある同大学心理学のRyan Dwyer氏は「この研究結果は、既にわれわれが感じていたことを裏付けるものとなった。自分にとって大切な人と一緒にいるときに携帯電話を使うと、携帯電話をしまっているときよりもその時間が楽しくなくなるものだ」と話している。その上で、両氏は「友人や家族とともに過ごすときは携帯電話をしまっておくことで明らかなメリットがある」と強調している。(HealthDay News 2018年3月1日)

https://consumer.healthday.com/health-technology-information-18/cellphone-health-news-729/socializing-is-more-fun-without-this-distraction-731481.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.