o-180307
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

成人2型糖尿病患者のHbA1c目標値に関するガイダンスを改訂――米国内科学会

米国内科学会(ACP)は妊婦を除く成人2型糖尿病患者のHbA1c目標値に関するガイダンスを改訂し、「Annals of Internal Medicine」3月6日オンライン版に発表した。

ACPのAmir Qaseem氏らはHbA1c目標値に関する以下の4項目を改訂した。1)薬物療法のリスクとベネフィット、患者の好みや健康状態、医療費などを考慮した上で目標値を個別化する。2)大半の患者の目標値は7~8%とする。3)HbA1c値6.5%未満を達成した場合は薬物治療の強度を下げることを考慮する。4)余命が10年未満の高齢者や介護施設入所者、慢性疾患患者はHbA1c目標値を設定せず、高血糖に関連した合併症への治療に焦点を当てる。(HealthDay News 2018年3月5日)

RELATED ARTICLES