image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

雑音が睡眠の妨げとなるとき

眠っている間も脳は音を感知し、処理し続けています。雑音によって目が覚めてしまったり、睡眠の状態が変化したり、心拍数や血圧が変わることもあるといいます。

雑音の影響が生じやすいのは入眠して間もない段階です。また、他人のいびきなどよりも、子どもの泣き声のような感情に訴える音の方が目を覚ましやすいことも明らかにされています。

雑音によって睡眠が妨げられないようにするためのヒントを以下に紹介します。

・ホワイトノイズを用いて、眠りの妨げとなる不快な雑音を消せることがあります。例えばホワイトノイズマシン、送風機、エアコンなどによりホワイトノイズを発生させることができます。
・航空機の運行経路や交通量の多い道路が近くにある場合も、ホワイトノイズを利用して夜間に目覚める確率を最小限にとどめましょう。
・寝るときは必ずテレビを消しましょう。テレビからはトーンや音量のさまざまな音が出るため、睡眠を妨げられることがあります。

情報元:米国立睡眠財団(NSF)(HealthDay News 2018年3月6日)

https://consumer.healthday.com/sleep-disorder-information-33/misc-sleep-problems-news-626/health-tip-when-noise-interrupts-sleep-731360.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES