4HDN国内ニュース4月9日配信2

「生活習慣の是正」がうつ病予防につながる可能性 約1万人の日本人を対象としたウェブ調査

うつ病になったことがある人は、そうでない人と比べて肥満や脂質異常症である割合が高く、運動習慣がなく、間食や夜食の頻度が高くて朝食はあまり取らないなど生活習慣が乱れている可能性が高いことが、国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部長の功刀浩氏、秀瀬真輔氏らと株式会社ジーンクエストの共同研究で分かった。うつ病の予防や治療には生活習慣の是正も重要になるという。詳細は「Journal of Psychiatric Research」2月10日オンライン版に掲載された。

世界保健機関(WHO)の推計によると、世界のうつ病患者は3億人を上回り、およそ20人に1人がうつ病を患っていると推定されている。近年では、うつ病の発症に生活習慣や生活習慣病が影響する可能性が報告されているが、日本人を対象としたエビデンスは限られていた。研究グループは今回、うつ病患者とうつ病を持たない対照者の計1万人以上の成人男女を対象とした大規模なウェブ調査で得たデータを解析し、うつ病の既往の有無で肥満度やメタボリック症候群の有無、食生活や運動習慣を比較検討した。

ウェブ調査には成人男女1万1,876人が参加し、このうちうつ病の既往がある人は1,000人(平均年齢41.4±12.3歳、男性501人)で、残りのうつ病の既往がない人(1万876人、同45.1±13.6歳、5,691人)を対照群とした。心理的ストレスレベルの判定は、精神的苦痛に関するケスラーの6項目スケール(six-item Kessler scale;K6)を用いて行い、肥満度の基準はBMIが18.5未満を「低体重(痩せ)」、18.5~25未満を「適正体重」、25~30未満を「過体重」、30以上を「肥満」とした。また、参加者には、生活習慣として朝食や間食、夜食の頻度、運動や飲酒の頻度を尋ねた。

その結果、うつ病の既往がある群では、対照群と比べて肥満者と低体重の人の割合が高く、適正体重の人の割合は低かった。また、うつ病の既往がある群では、脂質異常症や糖尿病の患者の割合が有意に高いことも分かった。一方で、うつ病と高血圧との間には有意な関連は認められなかった。

生活習慣を比較すると、うつ病の既往がある群では、対照群と比べて間食や夜食を取る頻度が有意に高かった一方で、朝食を取る頻度は有意に低かった。さらに、うつ病の既往がある群では中等度~高強度の運動をする頻度が有意に低かった。

以上の結果を踏まえて、研究グループは「うつ病を予防するためには、適正な体重を維持し、糖尿病や脂質異常症といったメタボリック症候群関連の生活習慣病を防ぐほか、きちんと朝食を取り、間食や夜食を控えること、定期的な運動をするなど生活習慣を改善することが望ましい」と述べている。(HealthDay News 2018年4月9日)

Abstract/Full Text
http://www.journalofpsychiatricresearch.com/article/S0022-3956(17)30798-7/fulltext

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.