image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

糖尿病患者の「自己管理応援シール」、無償提供を開始――日本糖尿病協会

日本糖尿病協会は、糖尿病患者の自己管理に役立つ「自己管理応援シール」を制作し、ホームページで無償提供を開始したと発表した。シールには公式マスコットキャラクターをあしらった、かわいらしいデザインを採用。同協会が発行する「糖尿病連携手帳」の表紙に貼ることで、患者の自己管理に対する意識向上を図るのが狙い。

自己管理応援シールは4種類あり、HbA1c目標値(7%未満)を強調するものと目標値を記入できるもののほか、処方された薬剤による低血糖リスクへの注意を促すものも準備し、治療目標に対する意識の定着と服薬アドヒアランスの向上を目指す。データのダウンロードやシールの作り方は同協会ホームページを参照のこと。(HealthDay News 2018年4月13日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES