image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

網膜症予防に適した空腹時血糖カットオフ値を検討――日本人2型糖尿病患者を27年間追跡

日本人の成人2型糖尿病患者では、網膜症を予防するためには空腹時血糖(FPG)値を平均で133mg/dL、標準偏差(SD)で25mg/dL以下に、HbA1c値は7.2%以下に保つことが重要となる可能性があると、朝日生命成人病研究所(東京都)糖尿病代謝科の高尾淑子氏らの研究グループが「Diabetes Research and Clinical Practice」4月3日オンライン版に発表した。特に若い患者や女性の患者は網膜症リスクが高いことも明らかになった。

研究グループは、1966~1979年に同病院を初診した際に網膜症が認められず、その後も27年間継続して外来受診した2型糖尿病患者170人を対象に解析した。(HealthDay News 2018年4月16日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES