Macro of mosquito (Culex pipiens) ready to sting isolated on black
image_print
医療・健康ニュース/パッケージニュース/

蚊に最も刺されやすいのは中間所得層?

蚊に刺される確率は地域の所得水準によって異なる可能性があることが、米ケアリー生態系研究所のShannon LaDeau氏らによる研究から明らかになった。この研究では、最も蚊に刺されやすい地域は中間所得者が多く住む地域であることが示唆されたという。詳細は「Parasites & Vectors」4月10日オンライン版に掲載された。

LaDeau氏らは今回、米メリーランド州ボルチモア市の5つの地域で約2年間をかけて捕獲した2万匹以上の蚊から採取した胃の内容物のDNAを解析し、最後に吸った血液を調べた。その結果、世帯収入の中央値が約2万6,000ドル(約280万円)の低所得地域では、空き地や手入れが不十分な庭など蚊の繁殖に適した場所が多いため蚊の数は多かったが、この地域で捕獲されたヒトスジシマカが吸った血液の7割超はネズミの血液で、人間の血液の割合は約6%と低かった。

一方、世帯収入の中央値が約5万6,000ドル(約600万円)の高所得地域では、捕獲された蚊の数は最も少なかったが、ヒトスジシマカが吸った血液の半分は人間の血液だった。また、全体的にみると人間が最も蚊に刺されやすいのは世帯収入の中央値が4万1,000ドル(約440万円)の中間所得地域であることが示唆された。

なぜ、地域によってこのような差がみられるのだろうか。LaDeau氏は「それぞれの地域に住む人々の習慣の違いが影響しているのではないか」との見方を示す。例えば、低所得地域の住民は暖かい日には玄関前の階段や舗装された場所で過ごすことが多く、蚊やネズミが集まりやすい手入れされていない空き地で過ごすことは少ない。一方、高所得地域の住民は蚊の多い庭や公園などの緑地で過ごすことが多く、中間所得地域の住民も蚊が繁殖しやすい管理されていない庭など緑の多い場所で過ごすことを好む人が多いため、蚊に刺されやすい可能性が高いという。

LaDeau氏は「新たなウイルスがどのように拡散するかの予測に今回の知見が役立つ可能性がある」と説明。また、「低所得地域でネズミを駆除すれば蚊の発生を抑えることができるのか、あるいは単に蚊の標的がネズミから人間に移るだけなのかといった疑問も浮上した」としている。

この疑問について、米国感染症学会(IDSA)の会員で蚊媒介感染症の専門家であるDuane Gubler氏は「ヒトスジシマカなどのヤブカ属の蚊が多くを占めるボルチモアでは、ネズミを減らしても蚊が減少するとは考えにくい。ヤブカ属の蚊は、遭遇したどんな動物でも吸血の標的とするからだ」と話す。また、同氏は「蚊が発生しやすいかどうか、あるいは人間が蚊の標的となりやすいかどうかは、地域の環境やそこに住む住民の行動によって左右されることは以前から知られていた」として、「今回の研究結果に驚きはない」とコメント。その一方で、「今回の研究から得られた情報は、公衆衛生当局が蚊の対策を進める上で重要だ」と強調している。

なお、Gubler氏によると、蚊の発生を抑えるには家の周辺の水たまりをなくすことが有効だ。ただし、他人の家の庭にまで手を入れることはできないため、外出する時には長袖や長ズボンを着用し、虫除けを用いるなどの対策を講じる必要がある。また、近くに管理が不十分な空き地などがある場合は、地元の公衆衛生当局や地域団体に連絡することを同氏は勧めている。(HealthDay News 2018年4月10日)

https://consumer.healthday.com/public-health-information-30/safety-and-public-health-news-585/who-do-city-mosquitoes-bite-most-732766.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES