4.1.1
image_print
医療・健康ニュース/パッケージニュース/

難治性の片頭痛を予防、新規クラス薬で有望な成績

片頭痛に苦しんでいる多くの患者に希望を与える臨床試験の結果が明らかになった。既存の薬剤で治療しても改善しなかった片頭痛を、新規クラスの薬剤でerenumab(商品名Aimovig、国内未承認)と呼ばれる注射薬によって予防できる可能性が示されたという。この試験を率いたシャリテ大学(ドイツ)のUwe Reuter氏によれば、erenumabを投与した難治性片頭痛患者の3分の1近くで1カ月当たりの片頭痛発作の回数を50%以上抑えることができたという。この試験の成績は米国神経学会(AAN 2018、4月21~27日、米ロサンゼルス)で発表される。

Erenumabはカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)と呼ばれる神経伝達物質の受容体に対する完全ヒトモノクローナル抗体。既に米国では米食品医薬品局(FDA)に承認申請中だ。

Reuter氏らは今回、同薬を製造するNovartis社の資金提供を受け、同薬の有効性と安全性を検証するためランダム化比較試験を実施した。対象は、治療抵抗性の片頭痛患者246人で、39%は2種類、38%は3種類、23%は4種類の片頭痛治療薬を使用したが効果が得られなかった難治性患者だった。また、対象者が経験していた頭痛発作の回数は1カ月当たり平均9回で、片頭痛の急性期治療薬の使用回数は1カ月当たり5回だった。

対象者をerenumab 140mgまたはプラセボのいずれかを月1回、3カ月間にわたって投与する群に1対1の割合でランダムに割り付け、試験開始から3カ月後の時点で頭痛発作の回数などを評価した。

その結果、1カ月当たりの頭痛発作回数が50%以上減少した患者の割合は、プラセボ群の13.7%に対してerenumab群では30.3%とほぼ3倍だった。また、3カ月間の試験期間中に認められた頭痛発作回数や急性期治療薬の使用回数の減少幅も、プラセボ群と比べてerenumab群でそれぞれ1.6倍、1.7倍だった。さらに、安全性や忍容性はerenumab群とプラセボ群で同程度であることも示され、erenumab群で副作用を理由に同薬の使用を中止した患者もいなかった。

専門家の一人で、この試験には関与していない米レノックス・ヒル病院の神経科医であるRandall Berliner氏は、今回の試験結果について「片頭痛の予防で極めて有望な新たなクラスの薬剤が現れた。erenumabは、このクラスの薬剤として最初に販売されることになりそうだ」と期待を示す。

Berliner氏によると、片頭痛に苦しむ患者を救うための薬剤の開発の道のりは長く、厳しいものだった。約20年前にトリプタンと呼ばれる治療薬が導入され、それ以来、同薬が片頭痛の標準的な治療薬とされてきた。しかし、全ての患者に効果があるわけではなかった。こうした中、新たに開発されたerenumabについて「片頭痛の発生源を標的とした抗体薬であるため、安全に片頭痛を抑えることができる」と同氏は説明している。

また、試験を率いたReuter氏は「今回の結果は、片頭痛の予防は難しいと考えていた患者に、痛みを緩和できる可能性があるという希望をもたらすものだ」と話す。ただし、erenumabを長期間にわたって使用した場合の安全性や有効性について、今後より大規模な研究で評価する必要があると付け加えている。

なお、学会発表された研究結果は査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。(HealthDay News 2018年4月17日)

https://consumer.healthday.com/head-and-neck-information-17/migraine-news-477/new-therapy-may-prevent-tough-to-treat-migraines-733023.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES