image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

痩せている女性でも高血糖リスクが高まる理由は?――筋肉の量と質が関与か、順天堂大

痩せていても筋肉量が少なく、骨格筋に異所性脂肪が蓄積している閉経後女性は高血糖になりやすい可能性のあることが、順天堂大学大学院スポートロジーセンター長の河盛隆造氏や同大学院准教授の田村好史氏らの研究グループの検討で分かった。痩せている女性は糖尿病リスクが高いことが報告されているが、その理由として筋肉の質と量の関与が考えられるという。詳細は「Journal of the Endocrine Society」2月19日オンライン版に掲載された。

研究グループは、低体重の若年女性(20~29歳)31人と閉経後女性(50~65歳)30人、適正体重の若年女性13人と閉経後女性10人を対象に、OGTTを実施し、DXA法による体組成測定とプロトンMRS法による異所性脂肪測定を行った。(HealthDay News 2018年5月1日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES