4.1.1
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

糖尿病患者は下肢切断術後の死亡率が高い――ニュージーランドの研究

糖尿病患者は下肢切断術後の死亡率が高いとする研究結果が「Diabetes Care」4月5日オンライン版に掲載された。

オタゴ大学(ニュージーランド)のJason K. Gurney氏らは、2005~2014年に糖尿病と診断され、ニュージーランド全国で登録された患者30万2,339人のコホートを対象に2014年末まで追跡し、下肢切断の発生と術後の死亡率について調べた。その結果、追跡期間中に6,352件の下肢切断が認められた(メジャー切断2,570件、マイナー切断3,782件)。メジャー切断術後の死亡率は、術後30日以内では11%超であり、90日以内では18%であった。また、術後の死亡率は、特に高齢患者と先住民のマオリ族で高かった。(HealthDay News 2018年4月27日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES