image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

長時間労働は若年2型糖尿病患者の血糖管理に悪影響――日本人患者を対象に解析

40歳以下の若年男性の2型糖尿病患者では、週60時間を超える長時間労働と朝食を抜いたり、夜遅い時間帯に夕食を取るといった不健康な食習慣は血糖コントロール不良をもたらす可能性のあることが、金沢城北病院(石川県)内科の莇也寸志氏らの調査で分かった。調査では、若年2型糖尿病患者の血糖コントロールに影響する労働環境や生活習慣因子には性差がみられることも明らかになった。「Journal of Diabetes Investigation」4月17日オンライン版に掲載の論文。

莇氏らは、2011~2013年に日本全国の病院や診療所に通院し、会社勤めをしている20~40歳の2型糖尿病患者478人を対象に、HbA1c値に影響する2012年の労働条件や食習慣因子について検討を行った。(HealthDay News 2018年5月14日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES