image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

出産回数が多い女性で2型糖尿病リスク上昇か――多目的コホート研究

日本人女性は出産回数が多いほど2型糖尿病の発症リスクが上昇する可能性のあることが、国立がん研究センターなどの多目的コホート研究(JPHC Study)グループの調べで分かった。こうした関連はBMIで調整して解析すると減弱したことから、産後の体重増加が要因の一つに挙げられるとしている。「Journal of Diabetes Investigation」4月18日オンライン版に掲載の論文。

研究グループは、ベースライン時(1990~1993年)に全国11地域に在住し、5年後調査時点で糖尿病やがんなどの既往がない45~75歳の女性3万7,511人を対象にさらに5年間追跡し、初経年齢と閉経状況、閉経年齢、初経から閉経までの期間、出産回数、授乳歴などの女性関連要因と2型糖尿病発症との関連を調べた。(HealthDay News 2018年5月21日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES