30歳男性の3人に1人が65歳までに2型糖尿病を発症か――日本人会社員5万人超を調査

5万人を超える60歳未満の会社員を対象に調査した結果、30歳の男性は3人に1人、女性は5人に1人が65歳までに2型糖尿病を発症する可能性があることが分かったと、国立国際医療研究センター臨床研究センター疫学予防研究部のHuanhuan Hu氏らの共同研究グループが「Journal of Epidemiology」5月4日オンライン版に発表した。30歳から65歳までの2型糖尿病の累積罹患率は男性が34.7%、女性が18.6%であり、BMIが高いほど罹患率は上昇することも明らかになった。

研究グループは、職域多施設研究(J-ECOH Study)のデータを用いて、11企業で働く30~59歳の会社員5万3,828人を対象に、2型糖尿病の累積罹患率を男女別やBMI区分別に調べた。(HealthDay News 2018年5月28日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.