1HDN7月9日「パッケージニュース」No.4
image_print
医療・健康ニュース/パッケージニュース/

10%程度の減量で肥満者の心房細動が改善

肥満の心房細動患者では、減量により心房細動の進行が抑制されるだけでなく、改善される可能性もあることが、アデレード大学(オーストラリア)のMelissa Middeldorp氏らの研究で示された。こうした患者に対してリスク因子の管理とともに減量プログラムを実施した結果、10%以上の減量に成功した患者のほとんどで心房細動が改善あるいは消失したことが分かった。詳細は「Europace」6月14日オンライン版に掲載された。

米疾病対策センター(CDC)によれば、米国では不整脈の一つである心房細動の患者は300万人から600万人と推定されている。これまで減量すると心房細動の症状は軽減し、再発を抑制できることが報告されていた。Middeldorp氏らは今回、減量によって心房細動の進行を食い止めるだけでなく、改善できるのかどうかを調べる研究を行った。

対象は、心房細動患者に対する体重管理の効果を検証したLEGACY研究の参加者のうち、個別化した食事療法と生活習慣のアドバイスを組み合わせた減量プログラムを勧められた肥満(BMI 27以上)の心房細動患者355人。食事療法では摂取カロリーを抑え、加工食品や糖質の多い食品の摂取量を減らすよう指導し、週200分または毎日30分を目標に週に3~4回の低強度運動から早歩きなどの中強度運動を行ってもらった。また、血圧や血糖を測定し、睡眠時無呼吸の治療を行うなど心房細動のリスク因子を管理できるように支援した。

その結果、対象者のうち135人がベースライン時から4年後には10%以上の減量に成功し、こうした患者の88%は心房細動が持続性から発作性へと改善するか消失した。なお、発作性心房細動は1週間以内に自然に消失するが、持続性心房細動は心房細動が1週間以上続き、薬物治療や電気的除細動を行う必要があるという。

一方、ベースライン時から4年後の体重減少率が3%未満と、ほとんど減量できなかった患者も116人いた。こうした患者では41%が発作性心房細動から持続性心房細動に進行していた。

この結果を踏まえ、Middeldorp氏は「心房細動の進行は減量の程度と直接的に関連し、肥満患者では、減量しなければ心房細動は持続性のタイプに進行してしまうことが分かった」と説明している。

不整脈を専門とする循環器医のDhanunjaya Lakkireddy氏は「10%程度の減量でも、心房細動にこれほどの大きな変化をもたらすとした今回の結果は素晴らしい」と研究を評価。「肥満は、心房細動の発症に関与する高血圧や糖尿病、睡眠時無呼吸などの原因となるため、肥満の心房細動患者にとって減量は極めて重要だ」と話している。一方で、一時的に流行しているダイエット法を試みるのは危険な場合があるため、食事の量や砂糖の摂取量を減らしたり、野菜や脂肪分の少ないたんぱく質の摂取量を増やすことから始めるよう助言している。(HealthDay News 2018年6月28日)

https://consumer.healthday.com/cardiovascular-health-information-20/atrial-fibrillation-959/weight-loss-may-reverse-course-of-atrial-fibrillation-735305.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES