american dollars in the hands
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

糖尿病医療費は2013年には1996年の約3倍に増大――米研究

米国の糖尿病医療費は、2013年には総計で1010億ドル(約11兆2000億円)と1996年に比べて約3倍に増大したとする研究結果が「Diabetes Care」6月22日オンライン版に掲載された。

米ワシントン大学のEllen Squires氏らは、米保健指標評価研究所のデータベースを用いて1996~2013年の糖尿病医療費を推計した。その結果、糖尿病医療費の総計は、1996年の370億ドル(約4兆1000億円)から2013年には1010億ドルまで増大した。2013年の医療費のうち処方薬関連が最も多く(57.6%増)、外来診療費(23.5%増)が続いた。調査期間中に薬剤費は327%増加し、有病率や受診率の増加、薬剤費の増大などが理由に挙げられた。(HealthDay News 2018年7月5日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES