4.1.1
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

母親の健康的な生活習慣が子どもの肥満に影響か――米研究

母親が健康的な生活習慣を守ると、その子どもが小児期から思春期にかけて肥満になるリスクが低減する可能性のあることが「The BMJ」7月4日オンライン版に掲載の論文で報告された。

米ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院のKlodian Dhana氏らは、Nurses’ Health Study IIに参加した女性看護師1万6,945人が母親で、9~14歳の時点でGrowing Up Today Studyに参加した子ども2万4,289人を対象に、中央値で5年間の追跡を行った。解析の結果、適正体重の維持と運動習慣(中等度以上の運動を少なくとも週150分)、喫煙をしない、適度な飲酒といった健康的な生活習慣を守る母親の子どもは肥満リスクが低かった。一方、母親の食事の質と子どもの肥満との間に関連はみられなかった。(HealthDay News 2018年7月12日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES