o-180710
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

糖尿病の診断でパートナーの生活習慣も改善――米研究

パートナーが糖尿病と新たに診断された人は、そうでない人と比べて健康的な生活習慣を送るようになる可能性のあることが、「Annals of Family Medicine」7月/8月号に掲載の論文で報告された。

米カイザーパーマネンテ北カリフォルニアのJulie Schmittdiel氏らは、2007~2011年に18万910組のカップルを対象に、パートナーが糖尿病と新たに診断されたグループと診断されていないグループで生活習慣の変化を比較検討した。その結果、パートナーが糖尿病と診断された人は、そうでない人と比べて減量プログラムへの参加率が有意に向上したほか、禁煙を試みたり、血糖や血圧、コレステロールの検査を受けるようになるなど健康行動への関心が高まっていた。(HealthDay News 2018年7月9日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES