2HDN糖尿病ニュース7月26日配信2
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病/

第二選択薬にSU薬使用で合併症リスク増、2型糖尿病の薬物治療

メトホルミン治療にもかかわらず血糖コントロール不良な2型糖尿病患者は、第二選択薬としてスルホニル尿素(SU)薬を併用したり、メトホルミンからSU薬に切り替えると、心筋梗塞や全死亡、重症低血糖などの深刻な合併症リスクが増加する可能性のあることが、新たな研究で示された。研究の詳細は「BMJ」7月18日オンライン版に掲載された。

米国では2型糖尿病の薬物治療において、第一選択薬はメトホルミン、第二選択薬にはSGLT-2阻害薬やGLP-1受容体作動薬といった新規薬のほか、SU薬など複数の薬剤が選択肢として挙げられている。実臨床ではメトホルミンとSU薬の使用頻度が高いが、メトホルミンにSU薬を併用あるいはメトホルミンからSU薬に切り替えることによる合併症リスクへの影響については、十分に検討されていなかった。

マクギル大学(カナダ)の研究者らは、英国の大規模なプライマリケア医の診療データ(Clinical Practice Research Datalink)を用いて、1998~2013年にメトホルミンの単剤治療を開始した2型糖尿病患者7万7,138人のデータを収集。第二選択薬としてSU薬を併用したりSU薬に切り替え後の合併症リスクについて解析した。

追跡期間中に、対象患者のうち2万5,699人がSU薬の併用または切り替えを行っていた。平均で1.1年間の追跡の結果、メトホルミン単剤治療を継続した群に比べて、SU薬の併用や切り替えを行った群では心筋梗塞リスクが1.26倍、全死亡リスクが1.28倍、重症低血糖リスクが7.60倍であることが分かった。また、SU薬の使用は脳梗塞と心血管死のリスク上昇とも関連していた(それぞれ1.24倍、1.18倍)。

さらに、SU薬の併用と切り替えによる合併症リスクを比較すると、SU薬を併用した群に比べてSU薬に切り替えた群では心筋梗塞リスクが1.51倍、全死亡リスクが1.23倍であったが、切り替え後の脳梗塞や心血管死、重症低血糖のリスク上昇は認められなかった。

以上の結果から、論文の最終著者である同大学疫学部のSamy Suissa氏は「メトホルミンの単剤治療を継続するよりも、SU薬を使用すると心筋梗塞や全死亡、重症低血糖のリスクが上昇する可能性が示唆された。また、メトホルミンを使用中の患者は、SU薬に切り替えるよりもSU薬を併用する方が安全な可能性も考えられる」と結論。一方で、今回の研究は観察研究であるため、因果関係を証明するものではないと強調している。

論文の付随論説を執筆した米ジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院のLucy D’Agostino McGowan氏らは、Suissa氏らの研究はよくデザインされたもので、結果も一貫性があると評価した上で、「今回の結果は2型糖尿病患者の薬物治療を決定する際に役立ち、合併症のリスク低減につながる可能性がある」と話している。(HealthDay News 2018年7月19日)

https://consumer.healthday.com/diabetes-information-10/diabetes-drug-news-179/adding-or-switching-diabetes-drugs-can-put-patients-at-risk-study-735855.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES