Close-up Of Hand Holding Device For Measuring Blood Sugar
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

重症低血糖リスクが高い2型糖尿病患者の特徴とは?――米研究

重症低血糖リスクが高い2型糖尿病患者の臨床的特徴には、軽度から中等度の低血糖の既往とHbA1c値が6%未満であることが挙げられるとする研究結果が「Diabetes Care」6月号に掲載された。

米クリーブランド・クリニックのAnita D. Misra-Hebert氏らは、同クリニックの電子カルテデータを用いて、2型糖尿病患者5万439人を対象に後ろ向きに解析した。その結果、重症低血糖のリスクが高い患者の臨床的特徴として、インスリンやスルホニル尿素薬の使用、糖尿病治療薬の処方数の増加、軽度から中等度の低血糖の既往(オッズ比3.01)、HbA1c値6%未満(同1.95)、黒人、チャールソン併存疾患指数といった因子が挙げられた。(HealthDay News 2018年7月19日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES