image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

前高血圧症は動脈硬化症の独立したリスク因子か――未治療の日本人2型糖尿病患者を解析

日本人2型糖尿病患者では、収縮期血圧(SBP)値による前高血圧症(pre-hypertension)は、アテローム性動脈硬化症の独立したリスク因子である可能性のあることが、島根大学内科学第一講師の金沢一平氏らの研究グループの検討で分かった。同氏らは、2型糖尿病患者は、前高血圧症の血圧レベルであってもSBP値の管理が動脈硬化症の予防に重要だとしている。詳細は「PLOS ONE」7月20日オンライン版に掲載された。

研究グループは、2004~2013年に同大学病院を受診した未治療の2型糖尿病患者179人を対象に、動脈硬化症の指標として頸動脈内膜中膜厚(IMT)を用いて、IMT値と前高血圧症および高血圧との関連を調べる横断研究を行った。(HealthDay News 2018年8月20日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES