image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

握力やバランス感覚で2型糖尿病リスクは評価できる?――東北大

握力と片足バランスという簡便に測定できる体力テストの成績で、日本人の2型糖尿病の発症リスクを評価できる可能性があると、東北大学大学院運動学分野講師の門間陽樹氏らの研究グループが「Journal of Epidemiology」7月28日オンライン版に発表した。これらの体力テストは糖尿病スクリーニングの指標として有用性が高いと考えられるという。

研究グループは、新潟県労働衛生医学協会の健診データを用いて、体力テストを2回以上行った糖尿病を発症していない成人2万1,802人を対象に、最大で6年間追跡して解析した。体力テストには、握力と閉眼片足立ちのほか、垂直飛びや立位体前屈、全身反応時間、仰臥位足上げが含まれた。(HealthDay News 2018年8月20日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES