image_print
2016_2016apr21d01

糖尿病前症の神経障害は「危険信号」(2016.4.21掲載)

  • 23 4月 2016
  • By Andy

糖尿病前症が引き起こす神経障害は、従来考えられてきたものよりも神経へのダメージが大きいとする研究結果が、「JAMA Neurology」オンライン版に4月11日掲載された。

Read More

その顎の痛みは「顎関節症」? (2016.4.21掲載)

  • 23 4月 2016
  • By Andy

顎関節症は、顎の動きを制御する筋肉や関節に異常が生じる病気で、辛い痛みを伴います。以下のような症状がみられたら、顎関節症の危険信号です。

Read More
2016_2016apr21hh01

トコジラミの表皮、殺虫剤に対抗して厚くなる?(2016.4.21掲載)

  • 23 4月 2016
  • By Andy

トコジラミ(南京虫)の「皮膚」が厚くなりつつあり、これによって一般的な殺虫剤に対する耐性が高まっている可能性があることが、新たな研究で示唆された。この知見から、トコジラミが世界中で増加している理由を説明できる可能性がある […]

Read More
2016_2016apr21hh02

ファストフードを食べると有害な化学物質の値が上昇(2016.4.21掲載)

  • 23 4月 2016
  • By Andy

ファストフードを食べると、有害な可能性があるといわれる化学物質であるフタル酸に曝露される可能性があることがわかった。米ジョージ・ワシントン大学ミルケン公衆衛生大学院(ワシントンD.C.)助教授のAmi Zota氏らの研究 […]

Read More
2016_2016apr21tn01

C型肝炎で頭頸部がんリスクが上昇する可能性(2016.4.21掲載)

  • 23 4月 2016
  • By Andy

C型肝炎が一部のタイプの頭頸部がんリスクを上昇させる可能性があると、研究グループが報告している。

Read More
2016_2016apr21tn02

腰痛治療に脊椎固定術は必ずしも必要でない(2016.4.21掲載)

  • 23 4月 2016
  • By Andy

脊柱管狭窄症による腰痛の治療では、簡単な減圧術のみで済む場合にも、大掛かりな脊椎固定術が実施されているケースが多いことが、2件の臨床試験で明らかにされた。ただし、腰椎すべり症(椎骨が前方にずれることにより神経が圧迫れる病 […]

Read More
2016_2016apr18tn01

心疾患・大腸がん予防にアスピリン投与、米ガイドラインが推奨(2016.4.18配信)

  • 18 4月 2016
  • By Andy

米国予防医療作業部会(USPSTF)は、心疾患リスクの高い50代に対して、心疾患と大腸がんのリスクを低減するために低用量アスピリン(一般的には81mg)を毎日服用することを勧告する。

Read More
2016_2016apr18tn02

必ず発症するはずの遺伝性疾患を発症していない人々を発見(2016.4.18配信)

  • 18 4月 2016
  • By Andy

一部の遺伝性先天異常は、親から変異遺伝子を受け継いだら発症は避けられないと考えられている。しかし、60万人弱の遺伝子を分析した研究で、遺伝学的には重度の疾患を小児期に発症しているはずなのに、何らかの理由でそれを回避してい […]

Read More
2016_2016apr18hh01

買い物でも仕事でも「やることリスト」が必要な理由(2016.4.18配信)

  • 18 4月 2016
  • By Andy

買いたい物をリストに書いて店に行けば、記憶に頼るよりも買い忘れの可能性が低くなることが、ポルトガル・カトリック大学マーケティング部准教授のDaniel Fernandes氏らの研究でわかった。論文は「Journal of […]

Read More
2016_2016apr18hh02

やっぱり、「良い睡眠は健康によい」(2016.4.18配信)

  • 18 4月 2016
  • By Andy

母親が聞けば「だから言ったでしょう」と言うに違いない――夜によく寝ると、風邪やその他の感染症を防げる可能性があるとする研究結果が、「JAMA Internal Medicine」4月11日号にレターとして掲載された。

Read More