2016_2016apr21d01

糖尿病前症の神経障害は「危険信号」(2016.4.21掲載)

糖尿病前症が引き起こす神経障害は、従来考えられてきたものよりも神経へのダメージが大きいとする研究結果が、「JAMA Neurology」オンライン版に4月11日掲載された。

研究指導著者である米ジョンズ・ホプキンス大学(ボルティモア)教授のMichael Polydefkis氏は、「今回の知見は、神経障害リスクの高い患者をスクリーニングで発見し、早期介入を行うことが喫緊の課題であることを示している」と述べている。

同氏らは、2002~2010年に小径線維の末梢神経障害(ニューロパチー)と診断された52人と健康な10人(対照群)を対象に、症例対照研究を行った。末梢神経障害患者は手足のしびれや痛みを訴えていた。なお、糖尿病は末梢神経障害を引き起こすおもな原因であると、同氏らは指摘している。

対象者のうち13人が耐糖能異常を示す糖尿病前症患者だった。平均3年間の追跡の結果、糖尿病前症患者では、末梢神経の末端だけでなく、小径線維の全長にわたって障害が生じていることがわかった。この結果は、糖尿病前症に伴う神経障害に関するこれまでの概念に反するものであるという。

同氏は、糖尿病前症の段階で現れる神経障害を“炭鉱のカナリア(canary in the coal mine)”になぞらえ、「これは糖尿病に付随するさまざまな神経障害の最初の『危険信号』であり、時間の経過とともに障害は他の神経線維にも及び、患者のQOLに多大な影響を及ぼすようになる」と強調している。

なお、米国糖尿病協会(ADA)は、糖尿病前症から糖尿病に進展させないためには、体重を7%減らし、1日30分の中等度の運動を週5回のペースで継続することを推奨している。(HealthDay News 2016年4月12日)

http://consumer.healthday.com/diabetes-information-10/misc-diabetes-news-181/prediabetes-may-damage-nerves-more-than-believed-709885.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.




その顎の痛みは「顎関節症」? (2016.4.21掲載)

顎関節症は、顎の動きを制御する筋肉や関節に異常が生じる病気で、辛い痛みを伴います。以下のような症状がみられたら、顎関節症の危険信号です。

・顎を押すと痛む。
・顎を動かすと、カクカク、ポキポキという音がする。
・顎を開いたり閉じたりするのが難しい。
・顎が痛い。

情報元:米国歯科医師会(ADA)(HealthDay News 2016年4月12日)

http://consumer.healthday.com/dental-and-oral-information-9/jaw-problem-news-429/health-tip-is-your-jaw-pain-tmj-709421.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

 




2016_2016apr21hh01

トコジラミの表皮、殺虫剤に対抗して厚くなる?(2016.4.21掲載)

トコジラミ(南京虫)の「皮膚」が厚くなりつつあり、これによって一般的な殺虫剤に対する耐性が高まっている可能性があることが、新たな研究で示唆された。この知見から、トコジラミが世界中で増加している理由を説明できる可能性があるという。

研究著者であるシドニー大学(オーストラリア)のDavid Lilly氏は、「トコジラミが殺虫剤に対抗するために用いた生物学的メカニズムを解明できれば、その防御の隙を突き止め、新しい対策に利用できる可能性がある」と話す。

トコジラミは、ヒトや動物が眠っているときに血液を吸う寄生虫で、刺された跡には痛みを生じる。「PLOS ONE」に4月13日掲載された今回の研究結果から、トコジラミに対してより有効な殺虫剤の開発につながる可能性があるという。

トコジラミは他の昆虫と同様に、クチクラと呼ばれる外骨格で覆われている。Lilly氏らは走査電子顕微鏡を用いて、殺虫剤に耐性をもつトコジラミから採取したクチクラの厚さを、耐性の低いトコジラミのそれと比較した。その結果、クチクラが厚いほど、殺虫剤に曝露されたときにトコジラミが生存する可能性が高いことが判明した。(HealthDay News 2016年4月13日)

http://consumer.healthday.com/gastrointestinal-information-15/parasites-health-news-524/fighting-back-bed-bugs-grow-a-thicker-skin-709933.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.




2016_2016apr21hh02

ファストフードを食べると有害な化学物質の値が上昇(2016.4.21掲載)

ファストフードを食べると、有害な可能性があるといわれる化学物質であるフタル酸に曝露される可能性があることがわかった。米ジョージ・ワシントン大学ミルケン公衆衛生大学院(ワシントンD.C.)助教授のAmi Zota氏らの研究で、「Environmental Health Perspectives」オンライン版に4月13日掲載された。

研究では、ファストフードを多く食べる人の尿中フタル酸濃度は、めったに食べない人よりも24~40%高い傾向があった。

問題のフタル酸は、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)とフタル酸ジイソノニル(DiNP)の2種類。フタル酸はさまざまな食品の包装や食品加工機械に使われるが、男性の生殖系の発達に影響する可能性があり、先天性異常、小児の行動障害、喘息などの小児慢性疾患にも関わるため、米国では小児の玩具などへの使用を禁止している。

Zota氏らは、米国疾病管理予防センター(CDC)が実施した全国健康栄養調査(NHANES)に参加した約8,900人のデータを精査した。参加者は全員、過去24時間の食事に関する質問に回答。さらに提出された尿検体から、DEHPとDiNPについても検査した。

その結果、ファストフードの摂取量が多い人ほど、フタル酸への曝露が大きかった。摂取量が最も多い人では摂取していない人に比べて、尿検体中のDEHP分解産物の濃度が24%、DiNP副生成物質が40%近く高かった。穀類と肉はフタル酸曝露に最も大きく寄与していた。

一方、ファストフード摂取と、プラスチック包装に含まれる別の化学物質であるビスフェノールA(BPA)に関連性は認められなかったが、ファストフードの肉製品を食べた人は、食べない人よりもBPA濃度が高かった。

Zota氏は、「24時間以内のファストフード摂取量と体内のフタル酸濃度は統計的に有意に関連していた」と述べている。(HealthDay News 2016年4月13日)

http://consumer.healthday.com/vitamins-and-nutrition-information-27/food-and-nutrition-news-316/fast-food-linked-to-exposure-to-potentially-harmful-chemicals-709888.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.




2016_2016apr21tn01

C型肝炎で頭頸部がんリスクが上昇する可能性(2016.4.21掲載)

C型肝炎が一部のタイプの頭頸部がんリスクを上昇させる可能性があると、研究グループが報告している。

C型肝炎はウイルスに起因する重篤な肝臓の感染症。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国で最もよくみられる血液感染症であり、350万人が罹患しているが、感染を自覚していない人も多いという。

研究を率いた米テキサス大学MDアンダーソンがんセンターのHarrys Torres氏は、「皆に理解してほしいのは、C型肝炎はさまざまな影響をもたらす感染症であること、そして治癒可能な感染症だということである」と述べている。

同氏らによると、C型肝炎の患者では、肝がんおよび非ホジキンリンパ腫になるリスクが有意に高いことがすでにわかっている。しかし、C型肝炎の90%以上は抗ウイルス薬により治癒が可能であり、スクリーニングと治療によってがんの発症を防ぐことができるという。

今回の研究では、同センターで検査を受けた3万4,500人以上の患者データを分析。その結果、C型肝炎の患者はそうでない人に比べて、口腔がん、咽頭がんになるリスクは2倍以上、喉頭がんになるリスクは約5倍であった。さらに、C型肝炎のある頭頸部がん患者は、いくつかのがんとの関連が認められているヒトパピローマウイルス(HPV)の保有率も高いことが明らかにされた。

今回の研究は、「Journal of the National Cancer Institute」に4月13日オンライン掲載された。

この知見はC型肝炎のスクリーニングおよび頭頸部がんの治療において、重要なものとなる可能性があるという。Torres氏は、がん患者の治療反応性にもC型肝炎が影響しうることを指摘し、「C型肝炎は肝臓だけでなく全身に影響を及ぼす感染症であることを、医師は理解しておく必要がある」と述べている。(HealthDay News 2016年4月13日)

http://consumer.healthday.com/cancer-information-5/laryngeal-cancer-news-98/head-and-neck-cancers-linked-to-hepatitis-c-709963.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.




2016_2016apr21tn02

腰痛治療に脊椎固定術は必ずしも必要でない(2016.4.21掲載)

脊柱管狭窄症による腰痛の治療では、簡単な減圧術のみで済む場合にも、大掛かりな脊椎固定術が実施されているケースが多いことが、2件の臨床試験で明らかにされた。ただし、腰椎すべり症(椎骨が前方にずれることにより神経が圧迫れる病態)のある患者は、脊椎固定術を受けるほうが良好な結果が得られることもわかった。

腰痛の原因は、脊椎を保持している円板、靭帯、関節が加齢によって変性し、神経が通る脊柱管が狭まり、神経が圧迫されることである場合が少なくない。

こうした神経の圧迫を低減するために、脊柱管を覆う椎骨後部を切除する手術が減圧術であり、椎弓切除術とも呼ばれる。しかし多くの場合、脊椎の変性が進行して追加の手術が必要となるリスクを低減するために、脊椎固定術もあわせて実施されるという。脊椎固定術は脊椎の2個以上の骨を恒久的に結合する手術で、骨を移植し、ロッド、スクリュー、プレートなどを用いて固定する。

今回の2件の研究は「New England Journal of Medicine」に4月14日オンライン掲載された。

スウェーデン、ストックホルム脊椎センターのPeter Forsth氏が率いた試験では、脊柱管狭窄症による腰痛のある50~80歳の患者247人を対象とした。半数には腰椎すべり症がみられた。被験者を減圧術のみを実施する群と固定術を追加する群に無作為に割り付けた。その結果、術後2年、5年時点のいずれにおいても、生活の質(QOL)および歩行能力に両群間で有意差はなく、追加手術が必要になる比率もほぼ同程度だった(固定術群22%、減圧術群21%)。ただし、固定術群は平均入院期間や手術時間が長く、失血量が多く、手術費用も高額であった。

米レイヒー病院医療センター(バーリントン)のZoher Ghogawala氏らによる試験では、患者66人(平均年齢67歳)を対象として、固定術を追加する群と減圧術のみを行う群のいずれかに割り付けた。ただし、この試験では腰椎すべり症のある患者のみを対象とした。その結果、固定術群は減圧術群に比べ、術後4年までのQOLが有意に優れ、追加手術を要する比率も低かった(固定術群14%、減圧術群34%)。

この2件の研究から、減圧術の単独実施よりも脊椎固定術を追加するほうが望ましいとは限らないことが示されると、米トマス・ジェファーソン大学(フィラデルフィア)のAlan Hilibrand氏は述べている。「米国では、持続的な効果を得るために固定術を行う傾向が今後も続くと考えられるが、固定術の利用はもっと微妙な問題だ」と同氏は述べ、2件の研究はこの問題への注目を促した点で優れたものだと指摘している。(HealthDay News 2016年4月13日)

http://consumer.healthday.com/bone-and-joint-information-4/backache-news-53/spinal-fusion-surgery-not-always-necessary-for-back-pain-studies-say-709969.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.




2016_2016apr18tn01

心疾患・大腸がん予防にアスピリン投与、米ガイドラインが推奨(2016.4.18配信)

米国予防医療作業部会(USPSTF)は、心疾患リスクの高い50代に対して、心疾患と大腸がんのリスクを低減するために低用量アスピリン(一般的には81mg)を毎日服用することを勧告する。

また、心疾患リスクの高い60代でもアスピリンが有益となりうるが、この年代では利益は小さくなるため、医師と健康状態を相談したうえで服用を決めるように勧めている。50歳未満および70歳以上では、リスクとベネフィットは明らかになっていないという。

大腸がん予防を目的とした毎日のアスピリン服用を支持するガイドラインは2007年に初めて発行され、心疾患予防に関する勧告は2009年に発行されているが、両方を1つにまとめた勧告は今回が初めてだという。

注意すべき点として、たとえば50代に向けた勧告が適用されるのは、消化管出血のリスクがなく、10年以上の余命が見込まれ、低用量アスピリンを10年以上毎日飲み続ける意思のある人に限られる。

しかし、全体としては、「心血管疾患リスクの高い50~69歳の人ではアスピリン服用が心筋梗塞、脳卒中、さらには大腸がんの予防にも有用である」と、USPSTF元メンバーで米スタンフォード大学教授のDouglas Owens氏は話す。USPSTF議長で米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)教授のKirsten Bibbins-Domingo氏は、「50~69歳の人は、一次予防を目的としてアスピリンの服用を開始する前に、医師に相談して自分の心血管疾患リスクと出血リスクを把握しておく必要がある」と指摘している。

この勧告はUSPSTFウェブサイトおよび「Annals of Internal Medicine」オンライン版に4月11日掲載された。

心筋梗塞と脳卒中は米国の死亡原因の30%を占める。また、大腸がんは米国で3番目に多いがんであり、2014年には約5万人の死亡原因となっている。今回のガイドラインを受け、専門家らは、低用量アスピリンはリスク低減の要であり、適切な患者に熟慮のうえで使用すべきだと指摘している。

USPSTFは、低用量アスピリンは予防策の一部にすぎないと強調。食事・運動・喫煙などのほか、血圧値やコレステロール値も疾患リスクに影響を及ぼすと述べるとともに、大腸がん予防には定期的なスクリーニングも重要だと助言している。(HealthDay News 2016年4月11日)

http://consumer.healthday.com/general-health-information-16/aspirin-news-46/expert-panel-reaffirms-daily-aspirin-s-use-against-heart-disease-colon-cancer-709762.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.




2016_2016apr18tn02

必ず発症するはずの遺伝性疾患を発症していない人々を発見(2016.4.18配信)

一部の遺伝性先天異常は、親から変異遺伝子を受け継いだら発症は避けられないと考えられている。しかし、60万人弱の遺伝子を分析した研究で、遺伝学的には重度の疾患を小児期に発症しているはずなのに、何らかの理由でそれを回避している健康な人が13人見つかった。

米シアトルの非営利研究機関Sage Bionetworks代表のStephen Friend氏は、「疾患の原因だけでなく、発症を防ぐ方法を究明するためには、患者だけでなく健康な人も研究対象とすべきである」と述べている。ボランティア団体March of DimesのEdward McCabe氏は、「こうした研究が、破壊的な遺伝子変異に対抗できる幸運な人を保護している別の“修飾”遺伝子の発見につながる可能性がある」と指摘している。

この知見は「Nature Biotechnology」オンライン版に4月11日掲載された。

Friend氏らは、通常たった1つの遺伝子変異が原因となり、親から子に受け継がれて小児期の早い段階で発症する、いわゆる「メンデル遺伝病」に着目。多数の研究プロジェクトの協力により、約59万人の遺伝子情報を集めた。125種類のメンデル遺伝病に関連することが認められている完全浸透性(保有していれば疾患を避けられない)変異を生じる遺伝子874個を調べ、変異をもつ人が何らかの症状を有するかどうかを医療記録から確認した。

その結果、8種類のメンデル遺伝性小児疾患について、完全に回避していると思われる人が13人いることが判明した。該当する疾患は、嚢胞性線維症(重症肺疾患)、スミス・レムリ・オピッツ症候群(しばしば致死的となる発達障害)、家族性自律神経失調症(幼少期の死亡率の高い神経疾患)、APECED(幼児期に発症する自己免疫疾患)、単純性表皮水疱症(皮膚に水疱ができる疾患)、いくつかの骨障害など。

残念ながら、同意書の条項で被験者との再接触は不許可とされていたため、この13人についてさらに詳しく調べることはできなかった。この被験者を追跡できていれば、遺伝子疾患を防ぐ特定の遺伝子や環境的因子を明らかにできた可能性があるとFriend氏は言う。

研究著者らの一部は、今回の結果に基づいて新たな研究を実施し、疾患を発症するはずなのにしていない人を追跡する予定だが、まれにしか存在しない該当者を探し出すには何百万人もの遺伝子を解析する必要があると、同氏は付け加えている。(HealthDay News 2016年4月11日)

http://consumer.healthday.com/diseases-and-conditions-information-37/misc-diseases-and-conditions-news-203/why-do-some-kids-escape-terrible-genetic-disorders-709835.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.




2016_2016apr18hh01

買い物でも仕事でも「やることリスト」が必要な理由(2016.4.18配信)

買いたい物をリストに書いて店に行けば、記憶に頼るよりも買い忘れの可能性が低くなることが、ポルトガル・カトリック大学マーケティング部准教授のDaniel Fernandes氏らの研究でわかった。論文は「Journal of Consumer Psychology」にオンライン掲載されており、印刷版7月号に掲載予定。

今回の研究は、さまざまな買い物場面を設定し、700人を対象として調査を行った。たとえばある実験では、被験者が10分間の読書後に買い物をする場合、購入する品物をいくつ覚えていられると思うかを予測してもらった。その結果、被験者は自身がどの品物を忘れてしまうかを正確に予測できなかった。買い物リストの必要性が示されたといえる。

Fernandes氏は、「今回の知見で重要なのは、人は、忘れる可能性が高い状況を正確に予測できないということだ。何かを気にしている間は、それを忘れることは想像しがたい。買い物リストを利用している客は半数程度に過ぎない」と話す。

なお、普段買わない物を買う場合、店内の全ての通路を行き来すれば思い出す可能性が高いことも判明した。通常と異なる買い物では、品物をみることが思い出すきっかけとなるため、特に有効なアプローチだという。

この研究結果は仕事にも当てはまるという。「慣れた作業を行うときには記憶に頼ることが多く、こうした作業は思い出しやすいものだが、不慣れな作業は思い出すことが難しい。仕事の効果を最大化するためには、不慣れな作業には特に注意を払い、議題にのせることが重要だ」と同氏は述べている。(HealthDay News 2016年4月11日)

http://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/memory-problems-health-news-468/briefs-3-28-shopping-list-advice-jcp-release-batch-2597-709427.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.




2016_2016apr18hh02

やっぱり、「良い睡眠は健康によい」(2016.4.18配信)

母親が聞けば「だから言ったでしょう」と言うに違いない――夜によく寝ると、風邪やその他の感染症を防げる可能性があるとする研究結果が、「JAMA Internal Medicine」4月11日号にレターとして掲載された。

研究によると、一晩の睡眠時間が5時間以下の人は、睡眠時間がそれより長い人に比べて、過去1カ月以内に風邪を引いたオッズが28%高かった。その他の感染症の過去1カ月の罹患オッズは、睡眠時間が短い人のほうが7~8時間睡眠の人よりも80%以上高かった。また、睡眠障害または睡眠の悩みがある人は、過去1カ月に風邪を引いたオッズが約30%高く、感染症全般のオッズは2倍以上だった。

本研究を実施した米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)心理学助教授のAric Prather氏らは、過去に、風邪ウイルスに曝露したときの感染リスクと睡眠時間の関連性を示している。

その結果が現実世界でも裏づけられるかどうかを調べるために、同氏らは今回、2005~2012年の大規模な全米健康栄養調査(NHANES)のデータを用いて、平均年齢46歳の男女2万3,000人近くを評価した。対象者は睡眠時間、睡眠障害の有無に加えて、過去1カ月に風邪およびその他の感染症(インフルエンザ、肺炎、耳感染症など)に罹患したかどうかを報告した。

Prather氏は、「平均睡眠時間が5時間以下の人は、7~8時間の人に比べて、風邪とその他の感染症のリスクがかなり高まった。睡眠不足が易感染性につながる理由は明らかになっていないが、睡眠不足だと、感染症と戦う白血球であるT細胞があまり機能しないことがわかっている」として、良い睡眠をとるためには、まずは毎日同じ時間に起きることから始め、寝室を涼しく、静かで暗くなるように整えることを勧めている。(HealthDay News 2016年4月11日)

http://consumer.healthday.com/sleep-disorder-information-33/misc-sleep-problems-news-626/mom-was-right-a-good-night-s-sleep-helps-keeps-you-healthy-709848.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.