image_print
Senior man ith painful arm in sling

吸入ステロイド薬の長期使用でCOPD患者の骨折リスク上昇か

  • By

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療では、症状を緩和するため吸入ステロイド薬による治療が行われることは少なくない。しかし、高用量の吸入ステロイド薬を長期的に使用すると骨折リスクが上昇する可能性があることが、マギル大学(カナ […]

Read More
1-1 HDN2月22日「今日のニュース」No.2

ロビン・ウィリアムズの自殺後、後追い自殺が増加か

  • By

2014年、人気俳優のロビン・ウィリアムズが自ら命を絶ったとのニュースが報じられ、世界中のファンに衝撃を与えた。しかし、悲劇はそれだけにとどまらなかった。米コロンビア大学公衆衛生学部のDavid Fink氏らによる研究か […]

Read More
Blur background : Patient waiting for see doctor at hospital ,abstract background.

病院で薬剤耐性菌が多く潜んでいる場所とは?

  • By

病院の排水が薬剤耐性菌の発生に関係している可能性が、米国立衛生研究所(NIH)のグループによる研究で示された。研究では、集中治療室の下水道のパイプと病院排水の下水道につながるマンホールから排水を採取して調べた結果、そのほ […]

Read More
Pensive middle age woman, outdoors portrait

成人女性の10人中1人がうつ病―米CDC調査

  • By

米国では20歳以上の成人の12人中1人にうつ病が認められることが米疾病対策センター(CDC)のグループによる調査から明らかになった。うつ病の有病率は特に女性で高く、10人に1人がうつ病だった。調査に関する報告書は「NCH […]

Read More

鉄欠乏性貧血の症状

  • By

全身に酸素を届ける赤血球に含まれるヘモグロビンを作るため、体には鉄分が必要です。

Read More
2HDN糖尿病ニュース2月22日配信2

減量後に空腹感が増すのは気のせいではない?

  • By

減量が成功した後に食欲が増したように感じるのは、ホルモンに変化が生じて食欲が増大するためであることが重症の肥満患者を対象としたノルウェーの研究で示された。こうした患者がカロリー摂取量を急激に減らすと胃から分泌されて食欲の […]

Read More
Ïɼ®

ありふれた環境化学物質が肥満増加に影響か

  • By

減量してもその後に体重がリバウンドする要因の一つに、ありふれた有機フッ素化合物が挙げられる可能性のあることが新しい研究で示された。「PLOS Medicine」2月13日オンライン版に掲載されたこの研究によると、フライパ […]

Read More
o-180212

慢性腎臓病患者の予後改善にICDは有効か?――米研究

  • By

心不全と慢性腎臓病(CKD)を合併した患者に植え込み型除細動器(ICD)による非薬物治療を行っても生存率は改善しない可能性を示す研究結果が「JAMA Internal Medicine」2月5日オンライン版に掲載された。

Read More
o-180211

学校主導の生活習慣改善プログラムは生徒の肥満予防に効果なし?――英研究

  • By

12カ月にわたる学校主導の生活習慣改善プログラムを実施しても、生徒の肥満予防にはつながらなかったとする研究結果が「The BMJ」2月7日オンライン版に掲載された。 英バーミンガム大学のPeymane Adab氏らは、英 […]

Read More
A doctor makes a vaccination to a child

「インフルワクチン、流行の型に対する効果は25%」米で分析結果

  • By

米疾病対策センター(CDC)は2月15日、今シーズンに米国で最も多くの患者をもたらしたH3N2型のインフルエンザウイルスに対するワクチンの予防効果は25%にとどまるとの分析結果を明らかにした。米国では例年を大幅に上回る規 […]

Read More