image_print
woman allergy sneeze

ミレニアル世代は完璧主義者が多い

  • By

1980年代半ば以降に生まれた「ミレニアル世代」の学生では、一昔前の学生と比べて完璧主義者の割合が極めて高いことが、米国とカナダ、英国の大学生4万人超を対象とした研究から明らかになった。研究を実施した英バース大学のTho […]

Read More

栄養成分表示を正しく読み解く

  • By

選んだ食品が栄養価に優れたものかどうかを判断するのは難しいことがあります。

Read More
4HDN国内ニュース1月15日配信2

安静時エネルギー消費量が糖尿病妊婦の栄養療法の指標となる可能性 岡山大グループ

  • By

耐糖能が正常な日本人の妊婦は妊娠後期になると安静時エネルギー消費量(resting energy expenditure;REE)が増えるが、糖尿病のある妊婦では血糖コントロールによりこのREEの増加が抑えられている可能 […]

Read More
patient helped during dialysis session in hospital

「電解水」を用いた血液透析システムで心血管合併症リスクが低減 臨床研究で効果と安全性を検証、東北大グループ

  • By

東北大学大学院附属創成応用医学研究センター特任教授の中山昌明氏らの研究グループは、水の電気分解によって生成される「電解水」を用いた新しい血液透析システムにより、通常の血液透析療法と比べて血液透析患者の全死亡と心血管合併症 […]

Read More

IoTを活用した糖尿病重症化予防法の開発を目指した臨床研究を開始――国立国際医療研究センター

  • By

国立国際医療研究センター(東京都)糖尿病研究センターは「IoT活用による糖尿病重症化予防法の開発を目指した研究(PRISM-J)」の臨床研究を開始すると発表した。

Read More

睡眠呼吸障害が糖尿病や心不全患者の血糖変動に及ぼす影響は? ――札幌医大

  • By

睡眠呼吸障害が重症化するほど血糖変動は増大するが、糖尿病や心不全の患者ではこうした関連性は減弱する可能性があると、札幌医科大学循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座の中田圭氏らが「PLOS ONE」2017年12月19日オン […]

Read More

糖尿病網膜症の硝子体切除術、手術時間で術後出血リスクを予測――阪大

  • By

増殖糖尿病網膜症に対する硝子体切除術(pars plana vitrectomy;PPV)施行後、早期(術後12週まで)および1年以内の再出血リスクを予測するには、手術時間の長さが重要な因子となる可能性があると、大阪大学 […]

Read More
obese woman

減量手術後30日以内の重大合併症の発生率は概ね低い――米研究

  • By

減量手術後30日以内の3大合併症の発生率は概ね低く、術式による差がみられるとの研究結果が「Obesity Reviews」12月20日オンライン版に掲載された。

Read More
o-180103

「地中海食」と「DASH食」が最も効果的な食事療法――米国News & World Report

  • By

米国News & World Reportが発表した食事療法のランキングによると、昨年第2位の地中海食と第1位のDASH食(高血圧予防のための食事療法アプローチ)が総合第1位にランク付けされた。DASH食は8年連 […]

Read More
o-180102

長期の強化生活習慣介入で肥満合併2型糖尿病患者の脳血流量が増加――米研究

  • By

長期にわたる生活習慣への強化介入で、肥満合併2型糖尿病患者の脳血流量(CBF)が増加するとの研究結果が「Journal of the American Geriatrics Society」10月30日オンライン版に掲載 […]

Read More