image_print

「オキシトシン」の肥満改善作用、肥満マウスほど効果高く――福島県立医大ら

  • By

一般に「愛情ホルモン」などと呼ばれるオキシトシンには肥満改善効果があり、その効果は高脂肪食を摂取して肥満しているほど高い可能性があることを、福島県立医科大学薬理学教授の下村健寿氏らの研究グループがマウスを用いた実験で明ら […]

Read More
œp

代謝異常がなくても肥満者は心血管イベントリスクが高まる――英研究

  • By

たとえ代謝異常がなくても肥満の人は適正体重の人に比べて心血管疾患や心不全の発症リスクが高いとする研究結果が「Journal of American College of Cardiology」9月19日号に掲載された。

Read More
4.1.1

2型糖尿病患者の急激な腎機能低下を予測する血清バイオマーカーを同定――オーストラリアの研究

  • By

2型糖尿病患の急激な腎機能低下の予測能を向上させる血清バイオマーカーを同定したと、西オーストラリア大学のKirsten E. Peters氏らが「Diabetes Care」8月29日電子版に発表した。

Read More
o-170910

睡眠時無呼吸の治療中断で血糖値が上昇――米研究

  • By

閉塞性睡眠時無呼吸症(OSA)の治療を数日間中断すると、血糖値やストレスホルモンの血中濃度、血圧が上昇するとの研究結果が「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolis […]

Read More
o-170909

強化降圧治療で慢性腎臓病(CKD)リスクが高まる? ――米研究

  • By

収縮期血圧(SBP)の降圧目標を120mmHg未満とする強化降圧治療により慢性腎臓病(CKD)の発症リスクは増加する一方で、心血管イベントや全死亡のリスクは低減するとの研究結果が「Annals of Internal M […]

Read More
4.1.1

精神的ストレスが睡眠障害、食欲増進をもたらし肥満リスクを高める――デンマークの研究

  • By

精神的なストレスは睡眠障害をもたらし、高カロリーの食べ物への欲求が増え、結果的に肥満リスクを高めることが、コペンハーゲン大学病院(デンマーク)のNina R.W. Geiker氏らのレビュー論文で報告された。「Obesi […]

Read More
1-1 HDN9月19日「今日のニュース」No.1

10秒でがんを検出できるペン型装置を開発

  • By

術中にがんが疑われる組織に当てるだけで、わずか10秒ほどでがんかどうかを特定できるペン型の装置を米テキサス大学の研究グループが開発した。同グループは「将来この装置が実用化されれば、手術でがん組織の取り残しを回避できるだけ […]

Read More
1-1 HDN9月19日「今日のニュース」No.2

統合失調症患者の幻聴に脳の特定領域を刺激する治療が有望

  • By

統合失調症患者は音や歌、話し声などさまざまな幻聴に悩まされることが多い。中でも最も頻度が高いのが、自分の内側あるいは外側から話し声が聞こえてくる「言語性幻聴」だ。この言語性幻聴の軽減に、磁気エネルギーを利用して脳の言語に […]

Read More
1-2 HDN9月19日「ヘルスハイライト」No.1

胃酸逆流による喉症状、食事療法に薬と匹敵する治療効果

  • By

胃酸の逆流によって喉のかすれや痛み、咳といった咽喉頭の症状が生じる病態は咽喉頭逆流症と呼ばれ、その治療には胃食道逆流症(GERD)の治療薬としても知られるプロトンポンプ阻害薬(PPI)が広く使用されている。こうした中、咽 […]

Read More
4.1.1

「嗅覚の衰え」あるとパーキンソン病リスク5倍に

  • By

嗅覚の減退がパーキンソン病の前兆である可能性を示した後ろ向き研究の結果が「Neurology」9月6日オンライン版に掲載された。この研究では、米国の高齢者約2,500人を約10年間追跡した結果、嗅覚検査の成績が不良だった […]

Read More