image_print
4.1.1

食事のGI値が高いとマグネシウム摂取量が多いほど2型糖尿病リスクが低下 米研究

  • By

食事のグリセミック指数(GI値)が高い人では、マグネシウム摂取量が多いほど2型糖尿病リスクが低下するとの研究結果が「Diabetes Care」10月4日オンライン版に掲載された。

Read More
young woman medical researcher looking through microscope in laboratory, medicine concept

腸内細菌叢ががん治療薬の効果を左右する?

  • By

従来の抗がん薬とは異なる機序で作用する免疫チェックポイント阻害薬の効果を腸内細菌叢が左右する可能性があることを示した2件の研究結果が「Science」11月2日オンライン版に掲載された。同薬の一種であるニボルマブ(商品名 […]

Read More
4.1.1

米国人が受ける医療、5割が「救急外来」

  • By

全米の診療データベースを用いた研究から、2010年に米国で提供されている医療の約5割を救急医療が占めていたことが明らかになった。研究を実施した米メリーランド大学医学部救急医学准教授のDavid Marcozzi 氏は「現 […]

Read More
4.1.1

辛い物好きは食塩の摂取量が少ない?

  • By

辛い物を好む人は好まない人と比べて1日当たりの食塩摂取量が少なく、血圧も低いことが中国人を対象とした研究で明らかになった。研究を実施した中国人民解放軍第三軍医大学大坪医院高血圧・代謝疾患センター(中国)のZhiming […]

Read More
4.1.1

進行乳がん患者が運動から得るベネフィットは大きい

  • By

進行した乳がんの患者であっても、定期的に運動することで疲労や疼痛が軽減され、心血管の状態が改善してQOL(生活の質)の向上につながることがポルト大学(ポルトガル)運動生理学教授のEduardo Oliveira氏らによる […]

Read More

紫外線を避けて皮膚がんを予防

  • By

日光に含まれる紫外線 (UV)は皮膚がんの主な原因となります。紫外線の影響を最小限にとどめるため、以下のようにしっかり対策しましょう。

Read More
4HDN国内ニュース11月13日配信2

飲酒量が多いほどインスリン分泌不全や抵抗性になりやすい 日本人男女2,100人の解析、帝京大

  • By

日本人の成人男女は飲酒量が多いほどインスリン分泌不全やインスリン抵抗性になりやすく、2型糖尿病の発症リスクが高まる可能性があると、帝京大学衛生学公衆衛生学の辰巳友佳子氏らの研究グループが発表した。30歳以上の男女2,10 […]

Read More
4.1.1

メトホルミンががん予防につながる可能性 マウス実験で検証、岡山大グループ

  • By

2型糖尿病の治療薬として世界で最も多く処方されているメトホルミンが、がんに対する免疫反応を抑制する制御性T細胞の増殖と機能を抑えてがんの予防や治療に有用な可能性があることを、岡山大学大学院免疫学教授の鵜殿平一郎氏らの研究 […]

Read More

世界糖尿病デーにレクチャーと皇居ランイベントを開催――日本糖尿病協会

  • By

日本糖尿病協会は11月14日の世界糖尿病デーに、楽しみながら糖尿病予防と健康の大切さを考える一般の方向けのイベントを世界糖尿病デー実行委員会・クルソグ実行委員会と共催で開催する。

Read More

肥満合併で日本人2型糖尿病患者の医療費が増大する――滋賀医大の研究グループ

  • By

肥満を伴う日本人の2型糖尿病患者は、肥満がない場合と比べて主に外来での薬剤費と入院費による医療費が増大することが滋賀医科大学糖尿病内分泌・腎臓内科准教授の荒木信一氏らの検討で分かった。肥満を合併すると血糖や血圧、脂質管理 […]

Read More