image_print

睡眠時無呼吸治療に新兵器(2006.09.18掲載)

小さなポリエステルの棒を軟口蓋(こうがい)に挿入する侵襲性の低い外科的措置が、閉塞性睡眠時無呼吸の治療として長期的に有効であることが明らか になった。睡眠時無呼吸は、米国では少なくとも1,200万人が罹患しており、最もよ […]

Read More

子供の構音障害の見分け方(2006.09.18掲載)

構音(言語)障害は小児の口唇、歯、舌、軟口蓋(こうがい)の発達異常によって生じることが多い。また、聴覚障害や発語に関わる神経症状が原因となることもある。 特定の音や音の組み合わせが発音しにくい、舌がもつれる、どもるなどの […]

Read More

短時間の頻回運動は長時間の単回運動よりも降圧効果が持続(2006.09.17掲載)

1日4回の短時間歩行運動は、1日1回の長時間歩行運動よりも降圧効果の持続時間が長いという報告が、医学誌「Journal of Hypertension」9月号に掲載された。 米 インディアナ大学健康・体育・レクレーション […]

Read More
Image

持っていても使わない(2006.09.15掲載)

緊急避妊薬の購入が増えても中絶は減らない 英国の医学雑誌によると、モーニング・アフター・ピル(緊急避妊薬=妊娠中絶薬とも呼ばれる)が以前より容易に手に入るようになっても、中絶や望まない妊 娠の数は減っていないという。緊急 […]

Read More
Image

糖尿病治療薬rosiglitazoneに発症予防効果(2006.09.15掲載)

欧州糖尿病学会でDREAM治験成績発表 2型糖尿病治療薬rosiglitazone(商 品名:Avandia,)に糖尿病発症予防効果があることが、先ごろコペンハーゲンで開かれた欧州糖尿病学会(EASD)で報告された。カナ […]

Read More
Image

卵巣摘出により若年層の死亡リスクが増大(2006.09.15掲載)

比較的若い女性が卵巣を摘出した場合、エストロゲン療法を受けないと死亡リスクが増大することが米メイヨークリニックの研究グループにより明らかにされ、 英医学誌「Lancet Oncology」10月1日号に掲載された。癌(が […]

Read More

乳癌(がん)治療の効果を予測する蛋白(たんぱく)検査(2006.09.15掲載)

蛋白(たんぱく)レベルを測定する検査で、乳癌(がん)患者のうち化学療法による効果が特に期待できる患者を特定することができるという。この検査 法はOncoPlanと呼ばれるもので、すでに市販されており、乳癌、結腸癌、胃癌の […]

Read More

睡眠時無呼吸とは(2006.09.15掲載)

睡眠時無呼吸は、睡眠中に呼吸が止まる疾患で、呼吸停止は最大で30秒間続く。呼吸が止まるたびに、夜何度も目覚めることになり、睡眠不足を生じる。 ほとんどは「閉塞性睡眠時無呼吸」と呼ばれるもので、これは喉(のど)の中で何かが […]

Read More
Image

ビタミンD が膵癌(がん)リスクを減少(2006.09.14掲載)

ビタミンD の摂取で膵癌(がん)リスクが半減するという知見が、米医学誌「Cancer Epidemiology Biomarkers & Prevention」9月号で報告された。膵癌は米国での癌死因の第4位で、 […]

Read More
Image

子供の肥満との戦いはスローな展開(2006.09.13掲載)

米国では子供の肥満が急増しており、多くの対策プログラムが組まれているが、その効果の程は定かではないという米国医学研究所(IOM)による報告書「Progress in Preventing Childhood Obesit […]

Read More