image_print

パパニコロー検査で陽性反応が示すもの(2007.7.16掲載)

性交渉の経験のある女性、もしくは18歳に達した女性に対し、米国家庭医学会(AAFP)は、子宮頸癌(がん)を検出するパパニコロー(Pap)検査(膣粘膜塗抹標本)の必要性を訴えている。  

Read More
Image

米国で高まる海外医療ツアーの人気(2007.7.12掲載)

米国では、医療費の高騰や無保険者人口の増大に伴い、高水準かつ低価格の医療を求めて、外国への「医療ツアー」に出かける人が急増しているという。2005年の統計によると、米国では人口の15%以上にあたる約4,500万人が保険に […]

Read More
Image

嗅覚の低下がアルツハイマー病の予測因子に(2007.7.12掲載)

嗅覚の低下が認知障害の初期の徴候である可能性が示され、米医学誌「Archives of General Psychiatry」7月号に掲載された。研究を率いた米ラッシュRushアルツハイマー病センター(シカゴ)神経心理学 […]

Read More

代替療法を利用する女性は妊娠率が低い(2007.7.12掲載)

代替療法およびハーブサプリメント(栄養補助食品)の使用により、女性の妊娠率が低下する可能性を示した研究が、フランスで開かれた欧州ヒト生殖学会(ESHRE)で発表された。

Read More

食品アレルギーの鍵となる分子を特定(2007.7.12掲載)

生体がアレルギー反応を生じるとき、インターロイキン-12(IL-12)と呼ばれる分子の欠如がみられることを英食品研究所(IFR、Norwich)のチームが示した。研究を率いたClaudio Nicoletti氏は「免疫反 […]

Read More

熱射病を防ぐには(2007.7.12掲載)

米ペンシルベニア州医師会(Pennsylvania Medical Society)によると、夏の暑い日々を涼しく過ごすことは、快適なだけではなく、命を救うことにもなるという。

Read More
Image

糖尿病が平均余命を8年短縮(2007.7.12掲載)

心臓病のリスクも同時に高める 「糖尿病と診断されることは、平均余命(年齢別死亡率に基づく統計学上の生きながらえる平均的年数)が平均8年短縮することを意味する」との知見が、米医学誌「Archives of Internal […]

Read More
Image

スタートは中年以降でも遅くはない(2007.7.9掲載)

中年以降であっても、心臓の健康に良い生活習慣―少なくとも5種類以上の果物や野菜を毎日摂取し、週2.5時間以上の運動を行い、健康な体重を維持し、禁煙する―を身に着ければ、心血管疾患や死亡のリスクを大きく減らすことができると […]

Read More
Image

パーマネントメイクアップで美しくなるとは限らない(2007.7.9掲載)

アレルギーの病歴があるなど、人によってはパーマネントメイクアップによって外観を損なう重篤な健康被害が生じることが、新しい研究で示唆された。パーマネントメイクアップはアイライナーや口紅など化粧品の代わりに入れる入れ墨の一種 […]

Read More

適量のアルコール摂取は健康を高める(2007.7.9掲載)

適量の飲酒をする人は、生涯禁酒する人やほとんど飲酒しない人、または深酒をする人に比較して、平均以上の健康状態にあることが米国の研究で明らかになった。適度なアルコール摂取が、心血管疾患や損傷、ひいては死亡リスクを軽減すると […]

Read More