image_print

ネコもアルツハイマー病にかかる(2006.12.06掲載)

ネコがアルツハイマー病を発症することが英国および米国の研究によって判明し、獣医学誌「Journal of Feline Medicine」最新号に掲載された。研究グループは、ネコの脳細胞に形成され、知的機能の低下をもたら […]

Read More
Image

産後の精神状態に要注意(2006.12.05載)

初産女性のうつ病、産後3カ月以内が最も多い 初産の女性では、うつ病などの精神障害を発症するリスクが、産後3カ月以内で最も高いことが、デンマークでの研究で明らかになった。 産後精神障害には、産後うつ病、産褥(じょく)精神病 […]

Read More
Image

新しい減量薬の血糖改善と減量効果を確認 (2006.12.05掲載)

肥満の流行が1型と2型糖尿病の合併をもたらす 新しい減量薬(肥満治療薬)として昨年(2006年)欧州で承認・発売されたrimonabant(リモナバン、商 標名Acomplia)により、2型糖尿病患者においても血糖管理と […]

Read More
Image

抜け毛防止薬が前立腺癌(がん)検査値に影響(2006.12.05掲載)

抜け毛防止用の内服薬プロペシア(商品名)によって、前立腺癌(がん)のスクリーニングに用いられる前立腺特異抗原(PSA)検査の結果が変化し、疾患の 有無が不明確になるという知見が報告された。米ブリガム・アンド・ウィメンズ病 […]

Read More

ニューヨークの飲食店でトランス脂肪の使用が禁止に(2006.12.05掲載)

米ニューヨーク市公衆衛生局が実施した投票の結果、同市が米国で初めて飲食店でのトランス脂肪使用を禁止することが満場一致で決定した。2007年 7月までに、飲食店ではトランス脂肪の含まれる揚げ油のほとんどを使用できなくなり、 […]

Read More

携帯電話は発癌(がん)リスクを高めな(2006.12.05掲載)

携帯電話が発癌(がん)の原因になるとの説は根拠のないことが、デンマークの大規模研究で明らかにされた。研究では、携帯電話の使用は、長期・短期にかかわらず癌リスクに影響しないとしている。 携帯電話のアンテナは、ヒトの脳に浸透 […]

Read More
Image

状況確認が大切(2006.12.04掲載)

ティーンエイジで摂食障害のウエブサイト利用が増加 摂食障害に陥っている13~19歳のティーンが、しばしばインターネットの摂食障害に関するウェブサイトを訪れ、問題解決や新たな減量法についての情報を得ることが少なくないこと、 […]

Read More
Image

負荷をかける(2006.12.04掲載)

ウエイトトレーニングは女性の骨を強化する 長期間のウエイトトレーニングは、女性の成長ホルモン分泌量を促進し、骨を強化したり、新陳代謝を高める可能性のあることが、米国の研究で示唆された。 脳下垂体から分泌される成長ホルモン […]

Read More
Image

誤解を招きやすい処方薬の服用指示(2006.12.01掲載)

大学教育を受けた人も含めて、多くの人が処方薬の指示内容の解釈に苦労していることが、米国内科学会誌「Annals of Internal Medicine」12月号掲載の研究で明らかになった。研究者は、米国では医薬品の指示 […]

Read More
Image

エクササイズの効能はほかにも(2006.11.30掲載)

運動ががんの再発を予防 がん生存者では、適度な運動を行い、健康体重を維持することが、少なくともある種のがんの再発予防に効果的であることが米国で報告された。 米国では、がん患者の約3分の2がその診断後5年以上生存する。これ […]

Read More